医療機器向けマグネシウム合金部材の成形技術を開発

ad
ad
ad
ad
ad

体内で分解・吸収する部材の適用を通じて低侵襲性治療に貢献へ

2018-06-05 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構,不二ライトメタル株式会社

NEDO事業において、不二ライトメタル(株)は、産業技術総合研究所との共同研究により、医療機器向けにマグネシウム合金部材の成形技術を開発しました。

マグネシウムは、人体に必須な元素で、人の体内で安定的に分解・吸収される性能を持つため、本技術を用いて医療機器部材に適用されることで、体内に埋め込んだ機器による炎症リスクなどを抑えた低侵襲性治療と、患者の生活の質(クオリティー・オブ・ライフ)の向上に大きく貢献できます。

また今回、不二ライトメタル(株)は、マグネシウム製医療機器部材の素材作製から加工までの一貫製造・供給を事業化するための研究設備を自社内に導入したことで、今後、部材の量産化を目指します。

図1 マグネシウム合金精密管材

1.概要

手術後に患者の体内に留置されるステント※1や骨固定スクリュー、ステープル※2などの金属製の医療機器は、体内に残存することで炎症反応を引き起こすことがあり、取り除くためには再手術が必要となります。そのため医療業界では、患者への負担が少ない低侵襲性治療を実現する革新的な医療機器材料として、人体に必須な元素で、体内で分解・吸収されるマグネシウムの採用が期待されています。マグネシウムを部材に用いた医療機器の製作が実現できれば、患者の生活の質(クオリティー・オブ・ライフ)の向上に大きく貢献できると考えられます。

タイトルとURLをコピーしました