手術負担の少ない内視鏡による心臓表面への細胞シート移植デバイスを開発

ad
ad
ad

心臓再生医療への応用を目指して

2020-11-20 京都大学

升本英利 医学部附属病院特定助教、長田裕明 医学研究科博士課程学生、山下英樹 芦森工業株式会社産業資材技術開発二課長、上杉昭二 株式会社ニッケ・メディカル取締役らの研究グループは、細胞シートをより負担の少ない内視鏡を用いた方法で心臓の表面に移植するためのデバイスを開発しました。

近年、ヒト人工多能性幹細胞(iPS細胞)などから作られた細胞シートを心臓表面に移植し、心不全の治療に応用するための心臓再生医療研究が進められています。現状では、胸の真ん中や肋骨の間を切開する手術によって、心臓を露出したうえで細胞シートを貼り付ける方法が一般的ですが、このような手術は、創(きず)の感染などの合併症を生じたり、また術後の痛みが強くなるなど、治療を受ける患者さんの負担が大きくなる可能性があります。

今回、内視鏡デバイスの開発にあたり、成人ヒトのCTデータを用いた3Dプリントにより作製した人体シミュレータを用いて、確実かつ歪みなく細胞シートを移植できるための手技を確立し、検証しました。将来的には、このデバイスの応用により、安全で負担の少ない心臓再生医療の普及が期待されます。

本研究成果は、2020年11月17日に、国際学術誌「Regenerative Therapy」に掲載されました。

図:本研究のイメージ図

詳しい研究内容≫

タイトルとURLをコピーしました