腸内細菌から産生される健康長寿に関わる胆汁酸

ad
ad
ad

百寿者のマイクロバイオームで増加する新たな胆汁酸の生合成経路

2021-07-30 慶應義塾大学,理化学研究所

慶應義塾大学医学部微生物学・免疫学教室の本田賢也教授(理化学研究所生命医科学研究センター消化管恒常性研究チーム チームリーダー兼任)を中心とする共同研究グループは、百寿者の便中には、isoalloLCA(イソアロリトコール酸)という胆汁酸が特異的に多いことを見いだし、その胆汁酸を合成できる腸内細菌株を同定しました。また、isoalloLCAがグラム陽性病原性細菌に対する強い抗菌活性をもつことを明らかにし、マウス実験でもその抗菌効果があることを突き止めました。
今回の成果は、ヒトにおける感染症に対する予防・治療法、そして健康長寿の秘訣の解明につながることが期待されます。
本研究成果は、2021年7月30日(日本時間)に国際学術雑誌『Nature』オンライン版に掲載されました。

詳しい資料は≫

タイトルとURLをコピーしました