ヒトの初期の毛髪進化に新たな発見 (New study sheds light early human hair evolution)

ad
ad

キツネザルの野生個体群の研究が、気候、体の大きさ、色覚が霊長類の毛の進化に与える影響を評価するのに役立つ Study of wild population of lemurs helps researchers assess the impacts of climate, body size and color vision on the evolution of primate hair

2022-03-14 マサチューセッツ大学アマースト校

・マダガスカルに生息するシファカキツネザルは、乾燥した開放的な環境で頭髪が密になる。研究チームは、キツネザルの毛が、初期の人類と同様に、強い太陽光線から身を守るのに役立っていると考えている。
・また、寒冷な地域に生息するキツネザルは、黒い毛を持つことが多い。これは、「ボガート則」と呼ばれる自然界の古典的なパターンを哺乳類で初めて証明したもので、「暗い色は太陽の光から熱を吸収しやすく、体温調節の助けになる」とされている。
・キツネザルの赤い毛は、色覚の向上と関連している。研究者によれば、より広い範囲の色を見ることができる個体群には、赤い毛の斑点がより多く見られるという。

lemurs
Lemurs. Credit: Rachel Bell Burten.


<関連情報>

インドリ科キツネザルの毛髪表現型の多様性 Hair phenotype diversity across Indriidae lemurs

ad
生物環境工学
ad
ad


Follow
ad
タイトルとURLをコピーしました