2021-01-28

細胞遺伝子工学

修飾塩基を含む合成メッセンジャーRNAからの遺伝子発現を 光により制御するシステムの開発に成功

2021-01-28 京都大学 iPS細胞研究所 ポイント 修飾塩基注1)を含む合成メッセンジャーRNA注2)の翻訳注3)を光により制御できる二種類の人工翻訳制御タンパク質(分割型CaVTならびに不安定化CaVT)を開発しました...
細胞遺伝子工学

染色体末端近傍領域サブテロメアはゲノム進化のホットスポットであることを解明

2021-01-27 東京大学 ほとんどの生物のゲノムDNA配列(注1)は、まだすべてが明らかになっておらず、多くの分野の研究に不都合が生じています。東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻大学院研究生/大阪大学大学院理学研究...
生物環境工学

”フィーヨフィーヨ”特徴的な鳴き声とドローン画像からシカの時空間分布を推定

環境を荒らさずに野生動物を調査 2021-01-28 東京大学 ○発表者: 沖  一雄(東京大学 生産技術研究所 特任教授/ 京都先端科学大学 工学部 教授) 牧  雅康(福島大学 農学群食農学類 准教授) 奥村 忠誠(株式会...
ad
タイトルとURLをコピーしました