ゼブラフィッシュ

生物工学一般

ロボットマイクロ外科医が明らかにした胚の成長過程(A robotic microsurgeon reveals how embryos grow)

EPFLの研究者たちは、生物学とロボット工学を融合させ、マイクロメートル単位の高精度の解剖を可能にするロボットマイクロサージェリープラットフォームを構築し、胚発生の過程で脊椎動物の体がどのように形成されるかの理解を進めました。 Combi...
生物環境工学

魚が下を向いて泳ぐ理由(Why fish look down when they swim)

魚が泳ぐ方向と速度を推定するのに役立つ奇妙な行動をシミュレーションで発見 Simulations show quirky behavior helps fish estimate swimming direction and speed ...
生物化学工学

魚類ヒレの進化的起源に関する150年来の定説を覆す~新規仮説:ヒレは削り出しで作られるのではない!~

2022-05-18 国立遺伝学研究所 魚類の正中ヒレ(背ビレ・尻ビレ・尾ビレ)は、遊泳などにおいて重要な器官です。正中ヒレの発生・進化の過程については、150年前に提唱された、膜ヒレからの「削り出し」で形成されるという仮説が信じられ...
ad
生物化学工学

ゼブラフィッシュ光遺伝学でALSの謎を照らす

ALSにおいて運動ニューロンが機能を失う根本的な原因は解明されてない。身体の組織が透明に近いので運動ニューロンの細胞全体を詳しく観察できる利点を備えたゼブラフィッシュの運動ニューロンと筋肉との接続様式について解説する。
生物化学工学

腹が減っては戦に負けぬ ~空腹の魚が闘争に敗北しにくくなる神経メカニズムを解明~

2020-06-24 理化学研究所 理化学研究所(理研)脳神経科学研究センター意思決定回路動態研究チームの中條暖奈研究員、岡本仁チームリーダーらの国際共同研究グループは、ゼブラフィッシュの同種間での闘争行動を調べ、空腹状態にあるゼブラ...
医療・健康

仮想現実世界を「遊泳する」ゼブラフィッシュ

バーチャルリアリティを利用して脳のはたらきを研究する 2020-02-28 国立遺伝学研究所 ■ 概要 ゼブラフィッシュは脊椎動物の行動と脳の働きの関係を調べるのに適したモデル動物です。この特長を生かして、生きているゼブラフィッシ...
生物化学工学

脊椎動物のからだの繰り返し構造のもととなる 「体節」が迅速に形成される仕組みを解明

2019-08-28   埼玉大学, 基礎生物学研究所 【概要】  埼玉大学大学院理工学研究科 生命科学系専攻 生体制御学コースの大学院生 伴 博之(平成30年度 博士前期課程修了)、横田大佑(平成27年度 博士前期課程修了)と...
細胞遺伝子工学

ゼブラフィッシュにおける簡便な複数sgRNA発現方法の開発

2018/09/12  国立遺伝学研究所 A tRNA-based multiplex sgRNA expression system in zebrafish and its application to generation of t...
細胞遺伝子工学

ゼブラフィッシュのべん毛の構造解析から軸糸ダイニン構築メカニズムの一端を解明

繊毛・べん毛の解析手法として新たな脊椎動物モデルを開発 2018-06-19 科学技術振興機構(JST),東京大学 繊毛、べん毛の構造解析には、無脊椎動物が主に利用されてきたが脊椎動物モデルの開発も求められていた。 ゼブラ...
生物化学工学

魚の鱗が同じ方向に伸びる仕組み:shhシグナリングの乱れで鱗は「渦」を巻く

2018-05-07 北里大学,国立遺伝学研究所 Epidermal regulation of bone morphogenesis through the development and regeneration of osteo...
生物化学工学

ゼブラフィッシュを用いた脊索損傷修復にはたらく新しい細胞集団の同定

2018-04-27 国立遺伝学研究所,University of Edinburgh (英国),Hubrecht Institute (オランダ), Institute for Cardiovascular Organogenesis a...
生物化学工学

動物はどうやって危険を察知することができるようになるのか?

魚類の恐怖条件付け学習の神経回路を発見 2018-04-25 総合研究大学院,国立遺伝学研究所 初期発生研究部門・川上研究室 Identification of a neuronal population in the telenc...
ad
タイトルとURLをコピーしました