飲酒量を減らすためのデジタルサポート(Digital support for reduced alcohol consumption)

ad
ad

2022-08-05 スウェーデン・リンショーピング大学

アルコール摂取量を減らしたい場合、携帯電話のデジタルサポートツールが役立ちます。このことは、リンショーピン大学の研究者たちによる研究で明らかになりました。彼らは、個人が自分でアルコール摂取量を減らすことを支援するデジタルツールを開発し、評価しました。
研究チームは、デジタルツールがアルコール摂取量の減少に貢献するかどうかを調べるため、アルコール摂取量を減らそうという意欲のある人々に、まさにその瞬間にアプローチすることを考えました。研究参加者は、アルコール摂取量を減らすための情報を探している人に向けて表示されるターゲット広告を通じて、オンラインで募集されました。
参加希望者は、2つのグループに分けられました。1つのグループには、すぐに新しいデジタルツールにアクセスできるようにしました。もう1つのグループは、既存のウェブベースのリソースを提供し、消費量を減らすために自分自身を動機づけるよう求められました。その後、デジタルツールにアクセスできるようになりました。
デジタルサポートを受けた人は、毎週日曜日にメッセージを受け取りました。メッセージは中立的なトーンで、過去1週間のアルコール摂取量を評価するよう促した。飲酒量を報告すると、フィードバックが届き、いくつかのツールにアクセスすることができました。このツールは、参加者自身が目標を設定し、アルコール摂取量を長期的に記録するためのものです。また、飲酒による社会的なリスクや、自身の健康へのリスクについても知ることができました。参加者は自分宛にメッセージを書き、それを受け取るタイミングを選ぶことができました。例えば、ある日はお酒を控えめにするよう注意を促したり、なぜお酒を控えめにしたいのかという動機づけをしたりすることができました。
デジタルサポートツールの効果は、4ヶ月間使用した後、国際的な研究による他のデジタル介入と同等であり、対面介入に関する証拠よりも少し優れていることが判明した。

<関連情報>

Digital support for reduced alcohol consumption
A digital support tool on your phone can help if you want to reduce your alcohol consumption. This has been shown in a study by researchers at LiU. They have de...
Effectiveness of a digital intervention versus alcohol information for online help-seekers in Sweden: a randomised controlled trial - BMC Medicine
Background The ubiquity of Internet connectivity, and widespread unmet needs, requires investigations of digital interventions for people seeking help with thei...

スウェーデンのオンラインヘルプ希望者に対するデジタル介入とアルコール情報の効果:無作為化比較試験 Effectiveness of a digital intervention versus alcohol information for online help-seekers in Sweden: a randomised controlled trial

Marcus Bendtsen,Katarina Åsberg & Jim McCambridge
BMC Medicine  Published:17 May 2022
DOI:https://doi.org/10.1186/s12916-022-02374-5

Abstract

Background
The ubiquity of Internet connectivity, and widespread unmet needs, requires investigations of digital interventions for people seeking help with their drinking. The objective of this study was to test the effectiveness of a digital alcohol intervention compared to existing online resources for help seekers.

Methods
This parallel randomised controlled trial included 2129 risky drinkers with access to a mobile phone and aged 18 years or older. Randomised sub-studies investigated consent procedures and control group design. Simple computerised randomisation was used. Participants were aware of allocation after randomisation; research personnel were not. The digital intervention was designed around weekly monitoring of alcohol consumption followed by feedback and tools for behaviour change. Primary outcomes were total weekly consumption (TWC) and frequency of heavy episodic drinking (HED), measured 2 and 4 months post-randomisation.

Results
Between 25/04/2019 and 26/11/2020, 2129 participants were randomised (intervention: 1063, control: 1066). Negative binomial regression was used to contrast groups, with both Bayesian and maximum likelihood inference. The posterior median incidence rate ratio (IRR) of TWC was 0.89 (95% CI = 0.81;0.99, 98.2% probability of effect, P-value = 0.033) at 2 months among 1557 participants and 0.77 (95% CI = 0.69;0.86, > 99.9% probability of effect, P-value < 0.001) at 4 months among 1429 participants. For HED, the IRR was 0.83 (95% CI = 0.75;0.93, > 99.9% probability of effect, P-value = 0.0009) at 2 months among 1548 participants and 0.71 (95% CI = 0.63;0.79, probability of effect > 99.9%, P-value < 0.0001) at 4 months among 1424 participants. Analyses with imputed data were not markedly different.

Conclusions
A digital alcohol intervention produced self-reported behaviour change among online help seekers in the general population. The internal and external validity of this trial is strong, subject to carefully considered study limitations arguably inherent to trials of this nature. Limitations include higher than anticipated attrition to follow-up and lack of blinding.

Trial registration
The trial was prospectively registered (ISRCTN48317451).

コメント

タイトルとURLをコピーしました