自分でできる無痛のタトゥー、研究者が開発(Researchers Develop Painless Tattoos That Can Be Self-Administered)

ad

2022-09-14 ジョージア工科大学

ジョージア工科大学の研究者たちは、低コストで、痛みもなく、自己管理できる無血のタトゥーを開発しました。
チームは、砂粒よりも小さく、溶解可能なマトリックスに包まれたタトゥーインクでできたマイクロニードルを開発しました。
タトゥーは、傷跡を隠したり、繰り返されるがんの放射線治療を誘導したり、乳房手術後の乳首を修復したりするために医療現場で使用されている。また、糖尿病やてんかん、アレルギーなどの深刻な病状を伝えるメディカルアラートとして、ブレスレットの代わりに刺青を使用することもでき。
このマイクロニードルは、タトゥーインクでできているため、非常に効率よく皮膚にインクを沈着させることができる。マイクロニードルは一度皮膚に押し込むだけで溶解し、数分後には出血することなく皮膚にインクを残すことができる。
マイクロニードルタトゥーは、文字や数字、記号、画像などのデザインを刻み込む。マイクロニードルを特定のパターンに配置することで、それぞれのマイクロニードルがピクセルのように働き、任意の形や模様のタトゥー画像を作成することができる。
このタトゥーは、プライバシーにも配慮してデザインされた。光や温度の変化などの環境要因に敏感なパッチも作成し、紫外線や高温の場合にのみタトゥーが現れるようにした。
この研究により、タトゥーは少なくとも1年間は持続し、永久的なものとなる可能性があることが示された。

<関連情報>

マイクロニードル・パッチ・タトゥー Microneedle patch tattoos

Song Li,Youngeun Kim,Jeong Woo Lee,Mark R. Prausnitz
iScience  Published:September 14, 2022
DOI:https://doi.org/10.1016/j.isci.2022.105014

Figure thumbnail fx1

Highlights

•Microneedle patches tattoo skin in a simple, rapid, painless, and bloodless way

•Microneedle patches facilitate medical, veterinary, and cosmetic tattooing

•Medical tattoos communicate health status and store information in a patient’s skin

Summary

Medical tattoos provide medical information, guide radiotherapy, and improve cosmetic outcomes of medical interventions. These tattoos are administered by repeated needle injection that causes pain, bleeding, and risk of infection, which limit more widespread use. Here, we developed single-use microneedle (MN) patches to deposit tattoos in the skin in a simple, rapid, painless, and bloodless way without biohazardous sharps waste. MN patch tattoos were designed with numbers, letters, symbols, environmentally responsive inks, and QR codes. Colored tattoos, and tattoos only visible with ultraviolet illumination for increased privacy, were developed and retained in the skin for at least one year. These MN patch tattoos recorded medical conditions such as diabetic medical alerts and vaccination status, responded to biophysical cues for possible physiological monitoring, and encoded complex personal health information. MN patches may increase safety and access to medical tattoos for improved fiducial marking, medical information storage, physiological monitoring, and cosmetic outcomes.

 

 

ad
医療・健康
ad
ad
Follow
ad
テック・アイ生命科学
タイトルとURLをコピーしました