脳を縮小させる哺乳類を新たに発見(Scientists unearth another brain-shrinking mammal)

ad
ad
ad
ad
ad

ほ乳類の脳が可逆的に縮小するという稀な現象は、食料不足ではなく寒さのために起こることが、モグラの研究から明らかになった A study of moles reveals that cold weather – not lack of food – drives the rare phenomenon of reversible brain shrinkage in mammals

2022-09-19 マックス・プランク研究所

研究チームは、ヨーロッパモグラが冬に備えて脳を11%縮小し、夏までに4%再生させるという新しい研究を発表している。モグラは、デネル現象(Dehnel’s phenomenon)と呼ばれる可逆的に脳を縮小させることが知られている新しい哺乳類である。研究者らは、異なる気候のモグラを比較した結果、デネル現象は食料不足だけでなく、寒冷条件によって引き起こされることを発見した。
研究チームは、博物館所蔵の頭蓋骨を測定し、ヨーロッパモグラとスパニッシュモグラという2種のモグラが季節によってどのように変化するかを記録した。その結果、ヨーロッパモグラの頭蓋骨は11月に11%縮小し、春になると4%再生したが、スペインモグラの頭蓋骨は年間を通じて変化がなかった。
この2つの種は気候が大きく異なるため、脳の変化には食料の有無ではなく、天候が関係していることを突き止めることができた。

<関連情報>

モグラの季節的な頭蓋サイズの変化は、資源利用可能性だけでなく、冬の状況が可逆的に駆動している可能性がある Winter conditions, not resource availability alone, may drive reversible seasonal skull size changes in moles

Lucie Nováková,Javier Lázaro,Marion Muturi,Christian Dullin and Dina K. N. Dechmann
The Royal Society  Published:07 September 2022
DOi:https://doi.org/10.1098/rsos.220652

Abstract

Seasonal changes in the environment can lead to astonishing adaptations. A few small mammals with exceptionally high metabolisms have evolved a particularly extreme strategy: they shrink before winter and regrow in spring, including changes of greater than 20% in skull and brain size. Whether this process is an adaptation to seasonal climates, resource availability or both remains unclear. We show that European moles (Talpa europaea) also decrease skull size in winter. As resources for closely related Iberian moles (Talpa occidentalis) are lowest in summer, we predicted they should shift the timing of size changes. Instead, they do not change size at all. We conclude that in moles, seasonal decrease and regrowth of skull size is an adaptation to winter climate and not to a changing resource landscape alone. We not only describe this phenomenon in yet another taxon, but take an important step towards a better understanding of this enigmatic cycle.

タイトルとURLをコピーしました