蚊の体内・体外に生息する細菌を調べる研究(Study Examines Bacteria Living In and On Mosquitoes)

ad

2022-12-16 ノースカロライナ州立大学(NCState)

 蚊に刺されないようにすることは、常に良いアイデアです。しかし、ノースカロライナ州立大学の新しい研究によると、細菌が繁殖した蚊の外装は、ハエたたきで武装する別の理由となり得る。
PLOS ONEに掲載されたこの世界初の研究は、アフリカのコートジボワール(コートジボワール)の家庭で見つかった蚊の外表面と内部のマイクロバイオームの両方を調査したものです。
この研究の共同執筆者であるR. Michael Roe氏は、「蚊にさらされると、血液の摂食が心配になります。「私たちの仮説は、蚊は、ハエがそうであるように、あなたに着陸したり、家庭の表面に排泄することによって、物理的に細菌を移すことができるということです。
スイス科学研究センターの研究協力者達が、コートジボワールの米生産州の家庭から、79匹の成虫のメスのアノフェレス・コルジーを集めました。この蚊はNC Stateに送られ、体内および体外表面のマイクロバイオームが分析された。
その結果、いくつかの驚くべきことが判明しました。
「NC Stateの昆虫学主任研究員で論文の共同執筆者であるLoganathan Ponnusamy氏は、「我々は、外部よりも内部でより大きな細菌の多様性を発見しました。
研究者達は、学術文献で初めて、花や蜂の巣のような蜜源に一般的に見られるフルクトバチルスも発見し、蚊がそれらの植物や蜜源を訪れることを示唆していると、NC州の博士研究員で論文の筆頭著者であるKaiying Chenは言いました。
おそらくもっと不吉なことに、研究者たちは大量のブドウ球菌とリケッチアの2つの亜種も発見している。これらの細菌属は、人間や動物の病気に関連している。ローは言う。”蚊は外部と内部に細菌を運び、家に入ってきて、病原性細菌を移す可能性があります。”
研究者達は、人間の皮膚には決して見つからないような細菌を蚊に暴露して、その細菌が人工膜に移行するかどうかを見て、この研究を続けたいと考えています。

<関連情報>

アフリカ、コートジボワールで自家捕獲したAnopheles coluzzii (Diptera: Culicidae) の内部および外部微生物叢。蚊は不潔である Internal and external microbiota of home-caught Anopheles coluzzii (Diptera: Culicidae) from Côte d’Ivoire, Africa: Mosquitoes are filthy

Kaiying Chen,Loganathan Ponnusamy ,Chouaïbou S. Mouhamadou,Behi Kouadio Fodjo,Gba Christabelle Sadia,France Paraudie Kouadio Affoue,Jean M. Deguenon,R. Michael Roe
PLOS ONE
  Published: December 15, 2022
DOI:https://doi.org/10.1371/journal.pone.0278912

Abstract

Over the past 10 years, studies using high-throughput 16S rRNA gene sequencing have shown that mosquitoes harbor diverse bacterial communities in their digestive system. However, no previous research has examined the total bacteria community inside versus outside of mosquitoes and whether bacteria found on the outside could represent a potential health threat through mechanical transfer. We examined the bacterial community of the external surface and internal body of female Anopheles coluzzii adults collected from homes in Côte d’Ivoire, Africa, by Illumina sequencing of the V3 to V4 region of 16S rRNA gene. Anopheles coluzzii is in the Anopheles gambiae sensu lato (s.l.) species complex and important in the transmission of malaria. The total 16S rRNA reads were assigned to 34 phyla, 73 orders, 325 families, and 700 genera. At the genus level, the most abundant genera inside and outside combined were Bacillus, Staphylococcus, Enterobacter, Corynebacterium, Kocuria, Providencia, and Sphingomonas. Mosquitoes had a greater diversity of bacterial taxa internally compared to the outside. The internal bacterial communities were similar between homes, while the external body samples were significantly different between homes. The bacteria on the external body were associated with plants, human and animal skin, and human and animal infections. Internally, Rickettsia bellii and Rickettsia typhi were found, potentially of importance, since this genus is associated with human diseases. Based on these findings, further research is warranted to assess the potential mechanical transmission of bacteria by mosquitoes moving into homes and the importance of the internal mosquito microbiota in human health.

ad
生物環境工学
ad
ad
Follow
ad
テック・アイ生命科学
タイトルとURLをコピーしました