国立がん研究センターが開発した日本人のための国産遺伝子パネル検査

ad
ad
ad
ad
ad

「NCCオンコパネル」システムが体外診断用医薬品・医療機器として製造販売承認取得

2019-1-15 国立がん研究センター,日本医療研究開発機構

国立研究開発法人国立がん研究センター(理事長:中釜 斉/所在地:東京都中央区)は、がんのゲノム医療※1を提供する遺伝子パネル検査※2システムとして、当センター研究所で開発した遺伝子検査試薬「NCCオンコパネル」と遺伝子変異を検出する解析プログラム「cisCall(シスコール)」の有用性や、解析結果に基づき薬剤選択の検討を行うエキスパートパネル※3の体制などを、中央病院の臨床研究TOP-GEAR(トップギア)プロジェクトで検証し、保険適用を目指し先進医療※4での確認を進めています。

遺伝子パネル検査については、国立がん研究センターが、シスメックス株式会社(代表取締役会長兼社長 CEO:家次 恒/本社:神戸市)と共同で開発を進め、薬事承認を目指してまいりました。そして、2018年6月に同社より製造販売承認申請が行われ、この度2018年12月25日に遺伝子パネル検査システムで初めて体外診断用医薬品・医療機器として承認されました。国立がん研究センターでは、引き続き、保険適用を目指し準備を進めます。

タイトルとURLをコピーしました