統合失調症の新しい治療薬候補の発見

ad
ad

天然代謝産物ベタインの可能性

2019-06-27 理化学研究所,日本医療研究開発機構

理化学研究所(理研)脳神経科学研究センター分子精神遺伝研究チームの大西哲生副チームリーダー、シャビーシュ・バラン研究員、吉川武男チームリーダーらの共同研究グループは、天然代謝産物ベタイン(トリメチルグリシン)[1]が統合失調症[2]の新しい治療薬候補になり得ることを発見しました。

本研究成果は、新しい観点からの統合失調症の理解や治療法開発およびプレシジョンメディシン[3]に向けた取り組みに貢献すると期待できます。

現在、統合失調症の治療薬のほとんどは、神経伝達物質[4]の受容体に作用するものです。しかし、薬効が不十分であったり、副作用に悩まされる患者が多くいることから、従来とは作用機序の異なる治療薬の開発が喫緊の課題となっています。 今回、共同研究グループは、ベタイン合成酵素遺伝子[5]をノックアウトしたマウスを作製したところ、抑うつ傾向および統合失調症患者の死後脳で見られる遺伝子発現に類似したパターンが観察されました。また、覚醒剤であるメタンフェタミン(MAP)[6]や幻覚剤であるフェンサイクリジン(PCP)[7]を用いて作製した統合失調症の薬理モデルマウスに対して、ベタインは治療効果を発揮しました。さらに、ベタインの作用機序として抗酸化ストレス[8]作用が関係していることを見いだしました。また、ベタインの効果を予測するバイオマーカー[9]をゲノムデータベース[10]を活用して調べたところ、rs35518479というゲノム配列の個人差が有効であることが分かりました。

本研究は、英国の科学雑誌『EBioMedicine』のオンライン版(6月26日付け:日本時間6月27日)に掲載されます。

図 ベタインの構造(左)と健常者および統合失調症患者の脳内ベタイン濃度(右)

※共同研究グループ

理化学研究所 脳神経科学研究センター
分子精神遺伝研究チーム
チームリーダー 吉川 武男(よしかわ たけお)
副チームリーダー 大西 哲生(おおにし てつお)
研究員 シャビーシュ・バラン(Shabeesh Balan)
研究員 前川 素子(まえかわ もとこ)
研究員 豊島 学(とよしま まなぶ)
研究員 島本(光山) 知英(しまもと・みつやま ちえ)
研究員 江崎 加代子(えさき かよこ)
テクニカルスタッフⅠ 大羽 尚子(おおば ひさこ)
テクニカルスタッフⅡ 渡邉 明子(わたべ あきこ)
テクニカルスタッフⅠ 野崎 弥生(のざき やよい)
大学院生リサーチ・アソシエイト 和田 唯奈(わだ ゆいな)
生体物質分析ユニット
ユニットリーダー 俣賀 宣子(またが のぶこ)
専門技術員 岩山 佳美(いわやま よしみ)

千葉大学 社会精神保健教育研究センター 病態解析研究部門
教授 橋本 謙二(はしもと けんじ)
特任助教 藤田 有子(ふじた ゆうこ)
大学院生 ユンフェイ・タン(Yunfei Tan)

福島県立医科大学 医学部 神経精神医学講座
教授 矢部 博興(やべ ひろおき)
准教授 國井 泰人(くにい やすと)
講師 松本 純弥(まつもと じゅんや)
医師 長岡 敦子(ながおか あつこ)
博士研究員 日野 瑞城(ひの みずき)

タイトルとURLをコピーしました