妊娠中・出産後の疾病予防へ 肥満妊産婦への共同研究を開始

ad
ad
ad

AI健康アドバイスアプリを利用して妊娠前後の体重変化を調査、全国4カ所で実施

2020-09-15 国立成育医療研究センター

国立成育医療研究センター(所在地:東京都世田谷区、理事長:五十嵐 隆)と株式会社リンクアンドコミュニケーション(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:渡辺 敏成)は、AI健康アドバイスアプリ「カロママ プラス」(以下 当アプリ)を用いた肥満妊産婦への共同研究を、2020年9月に開始いたしました。
本取り組みは、国立成育医療研究センター 周産期・母性診療センター母性内科 診療部長・荒田 尚子らのグループと行ってきた、「IoTを活用した肥満妊産婦の重症化予防のための行動変容に関する研究」の一環で、妊娠・産後肥満女性の妊娠中と将来の疾病の重症化予防を目的に、東京・大阪・群馬・愛媛の4施設で行われます。

本試験のポイント

  • 妊娠・産後肥満女性の妊娠中と将来の疾病の重症化を予防する目的とします。
  • IoTデバイス(体重体組成計、活動量睡眠計)や当アプリ等で取得した日常生活の健康データ(栄養、気分など)を参考情報とし、当アプリによる自動アドバイス機能やコラムによる一般妊産婦への情報提供とともに、肥満妊産婦に対する漫画コラムによるアドバイスを行います。
  • 妊娠中から産後1年の肥満女性への効果を検証します。

詳しい資料は≫

タイトルとURLをコピーしました