複数企業の社内データを産学で共有して新薬創出を加速する革新的な枠組みの構築に成功

ad
ad

2021-03-08 医薬基盤・健康・栄養研究所

この度、弊所AI健康・医薬研究センター長 水口賢司、理化学研究所 生命機能研究センター チームリーダー本間光貴、大阪市立大学ユニバーシティー・リサーチ・アドミニストレーション(URA)センター URA小村弘らのグループは、国内製薬企業7社と連携し、新薬創出を加速する革新的な枠組みを構築しました。

本成果は、製薬企業の重要な知的財産である化合物情報及びスクリーニングデータを、産学連携において共有・活用する世界的にも先進的な成功事例であり、国内での医薬品創出のためのオープンイノベーションを加速させるものと考えられます。また、創薬支援ネットワークによるアカデミア発創薬への支援機能を増強するとともに、国内製薬企業の創薬プラットフォームの強化に繋がることも期待されます。

なお、本取り組みは、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の創薬支援推進事業である「創薬支援インフォマティクスシステム構築」(iD3-INST)の支援を受けて進められ、その成果は、科学雑誌「Drug Discovery Today」(2021年1月28日付の電子版)に掲載されました。

詳しい資料は≫

タイトルとURLをコピーしました