1細胞分析から、膨圧変化に伴う蜜入りリンゴの新たな代謝メカニズムが明らかに!

ad
ad

2021-08-06 愛媛大学

概要

愛媛大学大学院農学研究科 和田博史教授、野並浩名誉教授、畠山友翔研究員、愛媛大学大学院連合農学研究科博士課程 中田佳佑、農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)基盤技術研究本部 高度分析研究センター 環境化学物質分析ユニット 田中福代ユニット長、同果樹茶業研究部門 果樹生産研究領域 果樹スマート生産グループ 立木美保上級研究員、ブエノスアイレス大学有機化学科・国家科学技術研究会議(CONICET)のロザ エラ・バルセルス教授の研究グループが、蜜入りリンゴ果実内の細胞レベルの代謝変化・水分の状態を空間的にとらえることに世界で初めて成功し、蜜入りのメカニズムの一端を明らかにしました。
本研究成果は、2021年8月4日(水)にSpringer Nature Groupと南京農業大学が共同刊行する園芸学専門の学術誌『Horticulture Research』の電子版で公表されました。なお、本研究は、JSPS科研費(20H02982および19J13330)の支援を受けて行われました。

詳しい資料は≫

お問い合わせ
愛媛大学大学院農学研究科 食料生産学科 教授 和田 博史

 

タイトルとURLをコピーしました