無細胞技術を活用し、血液脳関門バリア機能を担うクローディン5を阻害する抗体を創出

ad
ad
ad
ad
ad

脳へのドラッグデリバリーシステムへの応用に期待

2018-06-27 愛媛大学,日本医療研究開発機構

この度、愛媛大学プロテオサイエンスセンタープロテオ創薬科学部門の竹田浩之准教授・部門長と、大阪大学薬学研究科の橋本洋祐さん(当時大学院生)、岡田欣晃博士、近藤昌夫博士らの共同研究チームは、愛媛大学発の技術であるコムギ無細胞タンパク質合成技術を活用し、血液脳関門を形成し脳への薬剤送達の障壁となっているクローディン5タンパク質を阻害するモノクローナル抗体の作製に成功しました。

脳の血管にある血液脳関門というバリアのため、薬が脳内に届きにくいことが大きな課題になっています。血液脳関門のバリア機能を担っているクローディン5という膜タンパク質の機能を抑えるには、クローディン5の外側部分に結合する抗体が有効です。しかし、従来の抗体作製技術ではクローディン5の細胞外領域に結合する抗体の作製は困難でした。共同研究チームは人工的に改変したクローディン5タンパク質をコムギ無細胞タンパク質合成技術で大量生産し、それを用いてクローディン5の細胞外領域に結合しバリア機能を低下させる抗体を創出することに成功しました。

タイトルとURLをコピーしました