遺伝情報を正確に守るための新たなDNA修復メカニズム

ad
ad

ヒトの体が持つ「がんにならないようにする」仕組み

2019-03-25  東京大学

東京大学大学院医学系研究科の安原崇哲助教、加藤玲於奈大学院生、宮川清教授、群馬大学大学院医学系研究科の柴田淳史研究講師らの研究グループは、重要な遺伝情報を含むゲノム領域にDNA損傷が生じると、その周辺にDNAとRNAからなる特殊な構造が形成され、細胞はその構造を目印として認識することで、損傷を正確に修復していることを発見しました。さらに、このメカニズムがうまく機能しない場合には、不正確なDNA修復によって生じるゲノム異常が顕著に増加することも分かりました。従って今回明らかになったメカニズムは、ゲノム異常を原因として生じるがんなどの疾患を防ぐために我々の細胞が保持している防御機構の一つであることが示唆されます。

我々のゲノム情報は非常に大きいことが知られていますが、実際にはそのうちのほんの一部分しか利用されていません。従って、膨大なゲノムの中でも、転写されて頻繁に読み出される情報が記録されている領域は重要な部位と考えられます。そのような重要なゲノム領域に起こったDNA損傷は、遺伝情報を守るために、正確に修復することが必要です。これまでの研究で、そのような現象は観察されていましたが、どのようにしてその重要性を認識して、正確に修復する経路を誘導しているのかについては分かっていませんでした。

タイトルとURLをコピーしました