国内最大の新型コロナウイルス感染症レジストリを使って “小児コロナ患者”の実態を解明

ad
ad

2021-09-10 国立成育医療研究センター

国立成育医療研究センター(所在地:東京都世田谷区大蔵、理事長:五十嵐隆)感染症科の庄司健介(医長)は、国立国際医療研究センター(所在地:東京都新宿区戸山、理事長:國土典宏)の研究チームと合同で、小児新型コロナウイルス感染症による入院例の疫学的・臨床的な特徴を分析しました。これは、国立国際医療研究センター(主任研究者:大曲貴夫)が運営している国内最大の新型コロナウイルス感染症のレジストリ「COVID-19 Registry Japan (COVIREGI-JP)」注1を利用したもので、本レジストリを使用した小児患者における分析は今回が初めてです。本研究は、2020年1月から2021年2月までの間に登録された18歳未満の小児新型コロナウイルス感染症入院例1,038人を対象に実施しました。その結果、無症状の患者は308人(30%)、何らかの症状があった患者は730人(70%)で、症状のあった患者のうち、酸素投与を必要としたのは15人、死亡例は0人と、多くは酸素投与など特別な医療行為を必要としない軽症であることが分かりました。しかし、入院期間の中央値は8日と、小児患者の入院が比較的長期間に及んでいる実態も明らかになりました。これらの分析結果は、限りある医療リソースを有効に活用していくために、とても貴重な情報といえます。
2つのナショナルセンター注2が連携して取り組んだ本研究結果は、米国小児感染症学会の機関誌であるJournal of Pediatric Infectious Disease Society (JPIDS)に公開されました。

※本研究は、デルタ株がまだ日本に存在しない時期に実施されているため、小児に対するデルタ株の影響については評価できません。

注1:COVID-19 Registry Japan
国立国際医療研究センター大曲貴夫(国際感染症センター長)が主任研究者を務め、新型コロナウイルス感染症において重症化する患者の特徴や経過など、様々な点について明らかにすることを目的とした研究です。患者の生年月日や入退院日などの「基本情報」、症状や意識レベル、酸素療法の状況といった「臨床情報」など、様々な情報を集めており、新型コロナウイルス関連のデータベース(レジストリ)としては国内最大のものです。
注2:ナショナルセンター(国立高度専門医療研究センター)
高度先駆的医療の研究・開発・普及、医療従事者の研修および、情報発信等を総合的・一体的に行うための中核的な機関。国立がん、国立循環器、国立精神・神経、国立国際、国立成育、国立長寿の6つがあります。

【小児新型コロナ患者における各症状の頻度】

コビレジの画像

【新型コロナウイルス感染症のレジストリ「COVID-19 Registry Japan (COVIREGI-JP)】

プレスリリースのポイント

  • 2020年1月~2021年2月に登録された小児の新型コロナウイルス感染症患者の多くは、無症状または軽症でした。
  • 酸素投与を必要とした患者は15人と、症状のあった患者全体の2.1%でした。
  • ほとんどが無症状、または軽症であるにもかかわらず、入院期間の中央値は8日でした。今後の小児新型コロナウイルス感染症の入院適応を考える上で貴重なデータといえます。
  • 2歳未満や13歳以上の患者、基礎疾患のある患者は、何らかの症状が出やすい傾向にあることが分かりました。今後の小児に対する新型コロナワクチン接種対象者について議論していく上で参考になる所見であると考えられます。
  • 38℃以上の熱が出た患者は、症状のあった患者(730人)のうち10.3%(75人)でした。
  • 13歳~17歳の患者(300人)の約20%に、味覚・嗅覚異常が見られました。
発表論文情報

和文タイトル:「小児COVID-19入院例の臨床的特徴:COVID-19 Registry in Japanからの報告」
英文タイトル:「Clinical Characteristics of Hospitalized COVID-19 in Children:Report from the COVID-19 Registry in Japan」

<著者名>
庄司健介1、秋山尚之2、都築慎也2、松永展明2、浅井雄介2、鈴木節子3、岩元典子3、船木孝則1、大曲貴夫2, 3

<所属>
1. 国立成育医療研究センター感染症科
2. 国立国際医療研究センターAMR臨床リファレンスセンター
3. 国立国際医療研究センター国際感染症センター

掲載誌:Journal of Pediatric Infectious Disease Society

詳しい資料は≫

本件に関する取材連絡先

国立成育医療研究センター 企画戦略局 広報企画室
月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時
※医療関係者・報道関係者以外のお問い合わせは、受け付けておりません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました