コロナ禍の子どもの心の実態調査 摂食障害の「神経性やせ症」が1.6倍に

ad
ad

2021-10-21 国立成育医療研究センター

国立成育医療研究センターが行っている子どもの心の診療ネットワーク事業では、新型コロナウイルス感染症流行下の子どもの心の実態調査を行いました。全国26医療機関が参加した本調査で、コロナ流行前の2019年度と比較し、2020年度では神経性食欲不振(神経性やせ症)の初診外来患者数が約1.6倍、新入院者数が約1.4倍に増加していたことが判明しました。コロナ禍でのストレスや不安が影響していると推測されます。
摂食障害の病床数が不足していることも判明し、摂食障害を治療できる医療機関の拡充が求められます。また、家庭や教育機関では、子どもの食欲や体重の減少に気を配り、深刻な状況になる前に医療機関の受診につなげることが必要です。

初診外来患者数

新入院患者数

摂食障害 新入院患者数グラフ

プレスリリースのポイント

  • コロナ禍で、食事を食べられなくなる神経性やせ症が増加しています。
  • 子どもの心の診療ネットワーク事業拠点病院から、コロナ禍で神経性痩せ症の患者が重症化し、入院期間が延びているとの報告もありました。
  • しかし、摂食障害の患者のための病床数が不足していることが分かりました。摂食障害の病床充足率について回答があった5施設の内、4施設で病床使用率が増加しており、充足率(現時点で摂食障害で入院している患者数/摂食障害の入院治療のために利用できる病床数×100)が200%を超える施設が2施設ありました。摂食障害を治療できる医療機関が少ないこともあり、特定の施設に入院患者が集中していることが推測されます。また、新型コロナウィルス感染者への病床数を増やしたため、摂食障害の患者の入院まで対応できなくなったことが影響している可能性も考えられます。

詳しい資料は≫

タイトルとURLをコピーしました