2022-12-01

未分類

医薬品等の副作用で生じるミトコンドリア毒性※1の指標分子を特定~創薬研究における医薬品の新たな毒性評価法への応用に期待~

2022-12-01 産業技術総合研究所 近畿大学生物理工学部(和歌山県紀の川市)教授 財津桂、国立研究開発法人 産業技術総合研究所(茨城県つくば市)主任研究員 井口亮、田辺三菱製薬株式会社(神奈川県藤沢市)主任研究員 日比野優衣の研...
細胞遺伝子工学

ヒトゲノム複製におけるDNAポリメラーゼ間の分業と複製開始領域の同定~ゲノム安定性とDNA複製機構の関わり合い~

2022-12-01 国立遺伝学研究所 ヒトではDNA合成反応に働く酵素(DNAポリメラーゼ)が17種類存在し,それらのDNA合成反応の効率・正確性はそれぞれ異なり,ゲノム複製におけるポリメラーゼ間の分業は,ゲノム情報の安定性を決める...
生物工学一般

細胞運動能の起源と進化に迫る ~自ら動く『最小の』生命体を作り出すことに成功~

2022-12-01 大阪公立大学,産業技術総合研究所,科学技術振興機構 ポイント 最少の遺伝情報のみで生きる合成細菌に、運動装置となるたんぱく質を導入。 球状であった合成細菌が、らせん形状になり泳ぐことを確認。 ...
ad
有機化学・薬学

前立腺がんを攻撃する免疫細胞を誘発する薬剤を開発(Drug triggers immune cells to attack prostate cancer)

化合物がマウスの腫瘍を死滅させ、ヒトのがん細胞も多重に死滅させることに成功 Compound kills tumors in mice, human cancer cells in multiple 2022-11-22 ワシントン大学...
細胞遺伝子工学

生細胞中の核酸のダイナミクスに光を当てる~生細胞中における挙動は試験管中とは異なる~

2022-11-30 京都大学 片平正人 エネルギー理工学研究所教授、永田崇 同准教授、山置佑大 同助教らの研究グループは、核酸の塩基対のダイナミクスが、ヒト生細胞中においては試験管中とは異なることを見出しました。 ヒトの生細胞...
有機化学・薬学

高血圧の治療に使われる2つの薬が”妊婦禁忌”解除へ ~妊娠中に高血圧を抱える女性が、安心して治療に臨める環境づくりに貢献~

2022-12-01 国立成育医療研究センター 国立成育医療研究センター(所在地:東京都世田谷区大蔵、理事長:五十嵐隆)の妊娠と薬情報センター(センター長:村島温子)が設置する情報提供ワーキンググループは、妊婦への投与が禁忌となってい...
医療・健康

認知症や運動障害を伴う致死的な脳疾患の診断マーカーを発見(Diagnostic marker found for deadly brain disease marked by dementia, movement problems)

原発性タウオパチーに対する治療法の開発を加速する可能性 Discovery could accelerate progress toward therapies for primary tauopathies 2022-11-24 ワシ...
医療・健康

卵巣病変の検出を向上させる画像処理技術を応用した機械学習モデル(Machine learning model builds on imaging methods to better detect ovarian lesions)

2022-11-29 ワシントン大学セントルイス 研究者たちは、既存の超音波診断の卵巣病変の特徴を生かし、光音響トモグラフィで撮影した再構成画像から病変が良性か癌かを認識するモデルを学習させる、新しい機械学習融合モデルを開発した。機械学習...
医療・健康

ビッグデータ解析でアルツハイマー病の克服を目指す(Big Data Analysis Powers the Fight Against Alzheimer’s)

アルツハイマー病の進行の説明と重症度の予測に役立つ新たな研究成果 New research helps explain the progression of Alzheimer’s disease and predicts its sev...
医療・健康

電解水素水の日常的継続飲用者は、酸化ストレスが低く、 腎機能指標が良好。~習慣化しやすい疾病予防策として期待~

2022-11-29 株式会社日本トリム 株式会社日本トリムと理化学研究所(理研、本部:和光市、理事長:五神真)は共同で、電解水素水(※1)の日常的飲用者は酸化ストレス(※2)が低いことに関する論文を総合科学誌「Heliyon」に投稿...
細胞遺伝子工学

染色体の中で折り畳まれたDNAから遺伝情報を読み取る仕組みを解明 ~リンカーヒストンH1による転写伸長制御機構を解明~

2022-11-30 東京大学 発表者 平野      里奈(東京大学定量生命科学研究所クロマチン構造機能研究分野・特任研究員) 胡桃坂 仁志(東京大学定量生命科学研究所クロマチン構造機能研究分野・教授) 江原  晴彦(理化学研究所...
生物工学一般

UB の数学者が神経細胞の活動をマップ化する代替方法を提案(UB mathematicians propose alternative method to map neuron activity)

2022-11-30 バッファロー大学(UB) 研究者による、ニューロン間通信のマッピング方法に影響を与える可能性のある論文が、このほどNature誌「Communications Physics」に掲載された。 この論文は、神経細胞複...
ad
タイトルとURLをコピーしました