2022-12-02

生物化学工学

ヤブカラシの花色は3度変わる。~3度も色が変わる花色の周期的変化を発見し、そのメカニズムの一端を明らかにした。~

2022-12-01 東京大学 古川 友紀子(研究当時:岐阜大学 修士課程) 川窪 伸光 (岐阜大学 教授) 塚谷 裕一 (生物科学専攻 教授) 発表のポイント ヤブカラシの花が、開花中に3度周期的に色を変えること、さ...
細胞遺伝子工学

生命の起源において自己複製分子が複雑化可能な進化経路を解明

2022-12-02 東京大学 発表者 上浦 六十(東京大学 大学院総合文化研究科 広域科学専攻 博士課程) 水内 良(東京大学 大学院総合文化研究科 附属先進科学研究機構 特任助教/科学技術振興機構 さきがけ研究者) 市橋...
有機化学・薬学

ホルマリン漬けから着想した小分子可視化法 ~医薬品開発効率化につながる新たな戦略~

2022-12-02 京都大学,科学技術振興機構 京都大学 大学院工学研究科の浜地 格 教授、野中 洋 同特定准教授、美野 丈晴 同博士課程学生らの研究グループは、医薬品の多くを占める小分子が実際の動物体内でどのように移動する...
医療・健康

LLNL法医学センターのチームが、血液と尿中のフェンタニルを分析する新しい技術を開発(LLNL Forensic Science Center team develops new technique to analyze fentanyl in blood and urine)

2022-12-01 ローレンスリバモア国立研究所(LLNL) 科学者チームは、人間の血液および尿サンプル中のフェンタニルを分析する新しい技術を開発し、医療や化学捜査の分野での研究に役立てることができるようになった。 研究者らは、フェン...
生物環境工学

自然を救うには、種ではなく個体群に注目せよ(To Save Nature, Focus on Populations, Not Species)

新しい研究により、海洋生物はこれまで考えられていたよりも温暖化に対して耐性がある可能性が示された New research shows that marine species may be more tolerant to warmin...
医療・健康

腸内環境研究の新たな道を拓く、革新的なセルフパワー型摂取センサーの開発に成功(Innovative Self-Powered Ingestible Sensor Opens New Avenues for Gut Research)

UCサンディエゴの研究者らが、小腸の代謝物を経時的にモニターするセルフパワー型の摂取可能なセンサーシステムを開発 UC San Diego Researchers develop a self-powered ingestible sen...
医療・健康

パーキンソン病の原因となるタンパク質の変異が、別の神経変性疾患を予防する可能性を発見(Protein Mutation that Causes Parkinson’s May Prevent Another Neurodegenerative Disease)

UMass Amherstの研究は、発見をもとに個別化医療のアプローチを開発することを目的としています。 UMass Amherst research aims to use discovery to develop personaliz...
医療・健康

マウスにおける筋肉の衰弱の程度と腫瘍の種類、大きさ、位置の関連性(Muscle wasting severity linked to type, size and location of tumor in mice)

2022-11-29 ペンシルベニア州立大学(PennState) がん患者の約8割は、筋肉の著しい消耗、すなわち筋肉組織の減少に苦しみ、そのうちの3割はこの状態が原因で死亡している。マウスを用いた新たな研究により、筋肉の衰弱の程度は、腫...
医療・健康

正電荷を帯びたナノ材料で肥満をどこでも治療できる(Positively Charged Nanomaterials Treat Obesity Anywhere You Want)

コロンビア大学の研究者らが、カチオン性荷電粒子「P-G3」が肥大した脂肪細胞の不健康な脂質蓄積を抑制し、狙った部位の脂肪を減少させることを発見 Columbia researchers discover that the cationic...
有機化学・薬学

女性は男性と違って年をとるのでしょうか?(Do women age differently from men?)

老化防止薬「ラパマイシン」に対する反応が性別によって異なることが、ミバエの研究で明らかになった Studies in fruit flies reveal how the sex determines the responses to t...
医療・健康

日本人集団の腸内細菌叢・ウイルス叢の特徴を解明 ~データベース構築で食生活や病気との関わりを明らかに~

2022-12-01 大阪大学 掲載誌 Cell Genomics 図1. データベース構築の概要 クリックで拡大表示します 研究成果のポイント 日本人集団787名の腸内微生物叢※1シークエンス情報から、細...
医療・健康

胆道がんの「ゲノム医療」に貢献~乳がん、大腸がんの原因遺伝子やDNA修復異常が発がんに関与~

2022-12-01 理化学研究所,北海道大学 理化学研究所(理研)生命医科学研究センター がんゲノム研究チームの大川 裕貴 研修生(北海道大学大学院 医学院 博士課程)、中川 英刀 チームリーダー、基盤技術開発研究チームの桃沢 幸秀...
ad
タイトルとURLをコピーしました