アルツハイマー病

医療・健康

アルツハイマー病に対する光認知症療法の開発に向けて

アルツハイマー病において凝集・蓄積したアミロイドbペプチド(Ab)に対して、光照射と光酸素化触媒を用いた光酸素化法を確立し、凝集抑制と凝集Ab除去という2つの作用を明らかにした。光酸素化された凝集Aβはミクログリア細胞内のリソソーム分解酵素による分解が亢進していることも明らかになった。
医療・健康

新規の日本人アルツハイマー病関連遺伝子座位群を発見

2021-03-03 国立長寿医療研究センター,新潟大学,東北大学東北メディカル・メガバンク機構,日本医療研究開発機構 研究成果のポイント 日本人に特有および民族集団横断型の新規アルツハイマー病関連遺伝子座位群を同定 アル...
医療・健康

ミトコンドリア機能異常によるアルツハイマー病増悪機構の解明

ミトコンドリアを標的とした新たな治療戦略を提唱 2021-02-12 学習院大学,東京薬科大学,日本医療研究開発機構 発表者 武田啓佑(学習院大学 理学部 生命分子科学研究所 客員所員/東京薬科大学 生命科学部...
医療・健康

血液検査によるアルツハイマー病変の検出法が製品化され、医療機器承認を取得しました

2020-12-22 国立長寿医療研究センター 島津製作所は、12月2日に「血中アミロイドペプチド測定システム Amyloid MS CL」(以下、「アミロイドMS CL」)について管理医療機器(クラスⅡ)としての承認を取得し...
医療・健康

アルツハイマー病の発症に関わる神経細胞死のメカニズムを解明:治療薬の開発にもヒント

2020-10-27 国立長寿医療研究センター 国立長寿医療研究センター・認知症先進医療開発センター・アルツハイマー病研究部の飯島浩一部長は、東京都立大学・大学院理学研究科・生命科学専攻の安藤香奈絵准教授らとともに、アルツハイ...
医療・健康

アルツハイマー病における空間記憶障害の原因を解明 ~認知症患者の徘徊予防へ向けて~

2020-07-22 科学技術振興機構 ポイント アルツハイマー病患者の多くは、徘徊などを引き起こす空間記憶障害を発症するが、その原因は長らく不明だった。 アルツハイマー病モデルマウスでは、嗅内皮質と呼ばれる脳部位...
医療・健康

血中の網羅的な遺伝子発現解析から 早期アルツハイマー病診断マーカー候補を発見

メディカルゲノムセンターの研究チームは血中の網羅的な遺伝子発現解析から 早期アルツハイマー病診断マーカー候補を発見しました 2020-07-21 国立長寿医療研究センター 本研究のポイント アルツハイマー病で特異的に発現が...
医療・健康

アルツハイマー病発症の要因とされるアミロイド形成の宇宙実験

国際宇宙ステーション「きぼう」日本実験棟の微小重力環境では独特なかたちのアミロイド線維ができることを発見 2020-06-15 生命創成探究センター 自然科学研究機構 生命創成探究センター(ExCELLS)の加藤晃一教授、矢木真穂助...
医療・健康

アルツハイマー病発症の初期過程に関わる新規分子CIB1の同定

2020-04-20 東京大学,日本医療研究開発機構 発表者 富田 泰輔(東京大学大学院薬学系研究科 機能病態学教室 教授) 堀 由起子(東京大学大学院薬学系研究科 機能病態学教室 講師) 邱 詠玟(東京大学大学院薬学系研究科 機能病態学教...
医療・健康

遺伝子ネットワーク解析によりアルツハイマー病発症メカニズムの一端を解明

2020-02-19    国立長寿医療研究センター 国立長寿医療研究センター・認知症先進医療開発センター・アルツハイマー病研究部の 関谷倫子 室長、飯島浩一 部長は、大阪大学大学院医学系研究科 菊地正隆 特任講師、中谷明弘 特任教...
ad
タイトルとURLをコピーしました