男女の消化器外科医による手術成績は同等~女性消化器外科医のさらなる活躍に向けて~

ad
ad
ad

2022-09-29 京都大学

大越香江 医学研究科客員研究員、藤田悠介 同医員、肥田侯矢 同講師、野村幸世 東京大学准教授、河野恵美子 大阪医科薬科大学助教、吉田和弘 岐阜大学教授(現:岐阜大学学長)、北川雄光 日本消化器外科学会理事長らの共同研究グループは、日本消化器外科学会による日本最大の手術データベースNational Clinical Database(NCD)を利活用した研究において、男女の消化器外科医が執刀した手術の短期成績を解析しました。日本の消化器外科医における女性の割合は6%程度と少ないですが(2016年当時)、年々増加傾向にあります。しかし、指導的立場の女性消化器外科医は未だ少ないのが現状です。そこで、男女の消化器外科医による手術成績に差があるのか、女性が外科医として十分活躍できる存在であるのかを調査することを目的として、この研究を行いました。

研究の結果、女性消化器外科医は全体として男性よりも医籍登録後の年数が短く、腹腔鏡手術執刀の割合が少ないものの、よりリスクの高い患者を手術していたことが分かりました。また、病院の規模や患者の背景を調整して比較した合併症や死亡率の調整リスクには、男女間で有意差はありませんでした。つまり、女性消化器外科医の手術短期成績は男性消化器外科医と同等であると言えます。今後、女性医師がさらに消化器外科領域で研鑽を積んで活躍するために、男女外科医に均等な教育の機会を提供するとともに、より多くの女性外科医を育成するための環境づくりが期待されます。

本研究成果は、2022年9月28日に、国際学術誌「The BMJ」にオンライン掲載されました。


本研究の概要図

研究者のコメント

「女性は手術を執刀するのに適していないと考えられ、外科医になりたいと思っても歓迎されないという話がよくありました。しかし、今回の分析では、術後死亡率や合併症率に執刀医の性別による有意な差はなく、女性も同様に手術スキル向上に成功していることがわかりました。今後、手術トレーニングの機会や執刀数、昇進の機会などにおいて男女の平等が実現すれば、女性消化器外科医の技術はさらに向上すると思われます。」(大越香江)

詳しい研究内容≫

研究者情報
研究者名:大越 香江
研究者名:藤田 悠介
研究者名:肥田 侯矢

タイトルとURLをコピーしました