iPS細胞を用いたヒト体節発生のモデル化と進行性骨化性線維異形成症の病態解析

ad
ad

2018-08-24 京都大学iPS細胞研究所(CiRA)

ポイント

  • 発生期におけるシグナル環境注1を模倣することで、体節細胞注2とよばれる中胚葉注3細胞の一種を高効率で誘導する方法を開発した。
  • 体節細胞から腱・靭帯細胞、真皮細胞、および間葉系間質細胞注4様細胞への分化誘導に初めて成功した。
  • 本分化誘導法を、進行性骨化性線維異形成症(Fibrodysplasia Ossificans Progressiva; FOP)注5患者さん由来iPS細胞に用い、その病態の一部を再現した。
  • 著者らの先行研究により同定されていた、FOPの進行を抑える薬の候補であるラパマイシン注6が、体節由来間葉系間質細胞様細胞にも効果があることを示した。

1. 要旨 中島大輝大学院生(CiRA未来生命科学開拓部門)と池谷真准教授(CiRA臨床応用研究部門)らの研究グループは、 ヒトiPS細胞から中胚葉細胞の一種である体節細胞への効率的な誘導法を確立し、さらに体節細胞から骨格筋細胞、軟骨細胞、腱靭帯細胞、真皮細胞、間葉系間質細胞様細胞へと分化誘導する方法を確立しました。体節細胞から骨格筋細胞、軟骨細胞、腱靭帯細胞、真皮細胞という4つの全ての派生細胞を誘導したのは、世界初の成果です。また、これらの誘導法をFOP患者さん由来iPS細胞に用いてFOPの病態を再現し、さらに、先行研究で同定したFOPの進行阻害薬であるラパマイシンの効果を確認しました。これにより、本研究で確立した誘導法が疾患研究に有効であることが示されました。

タイトルとURLをコピーしました