乾燥に適応するためのホルモン制御~乾燥ストレス応答に関わる植物ホルモン合成の制御因子の発見~

ad
ad

2018-11-06 理化学研究所,埼玉大学,東京大学

理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター機能開発研究グループの佐藤輝特別研究員、篠崎一雄グループディレクター、バイオリソース研究センター実験植物開発室の井内聖専任研究員、埼玉大学大学院理工学研究科の高崎寛則特任助教、高木優教授、東京大学大学院農学生命科学研究科の篠崎和子教授らの共同研究グループは、乾燥ストレス応答に必要な植物ホルモンのアブシジン酸(ABA)[1]の合成を制御する転写因子[2]「NGA1」を発見しました。

本研究成果は、乾燥ストレス条件下における植物の初期応答の分子メカニズムを明らかにする研究の足掛かりになるとともに、乾燥ストレス耐性が向上した植物の作出につながると期待できます。

植物の乾燥ストレス応答を制御する植物ホルモンABAが合成されるためには、ABA合成酵素の鍵遺伝子NCED3[3]の転写が活性化される必要があります。今回、共同研究グループは、シロイヌナズナが乾燥ストレス条件下において、転写因子NGA1がこのNCED3遺伝子を直接活性化することで、ABA合成を促進させていることを発見しました。

本研究成果は、国際科学雑誌『Proceedings of the National Academy of Sciences』オンライン版(11月5日付け:日本時間11月6日)に掲載されます。

※共同研究グループ

理化学研究所
環境資源科学研究センター
機能開発研究グループ
グループディレクター 篠崎 一雄(しのざき かずお)
特別研究員 佐藤 輝(さとう ひかる)
研究員 高橋 史憲(たかはし ふみのり)
適応制御研究ユニット
ユニットリーダー 瀬尾 光範(せお みつのり)
バイオリソース研究センター 実験植物開発室
専任研究員 井内 聖(いうち さとし)

タイトルとURLをコピーしました