錠剤サイズの「飲む体温計」動物適用実験に成功~胃酸発電で動作 病気の早期発見や健康増進に期待~

ad
ad

2019-03-13 東北大学 産学連携機構,科学技術振興機構(JST)

ポイント

  • 胃酸発電でエネルギーを獲得する錠剤サイズの「飲む体温計」を開発し、動物適用実験にてコンセプトの実証に成功しました。
  • 本センサーは、有害なボタン電池を用いていないので、高い安全性を実現できます。また、小さいので、滞留なく体外に排出されることが期待できます。
  • 真の基礎体温(安静時の深部体温)や体内時計を日常的に測定、管理することにより、病気の早期発見や健康増進につながることが期待されます。

東北大学 イノベーション戦略推進センターの中村 力 特任教授、マイクロシステム融合研究開発センターの宮口 裕 助手、工学研究科の吉田 慎哉 特任准教授らの研究グループは、胃酸発電で動作する錠剤サイズの「飲む体温計」を開発し、このたび動物適用実験に成功しました。

安静時の基礎体温、深部体温やそのリズム(体内時計)は、健康状態を把握するための重要な指標の1つです。これらは一般的な体温計では測定が難しく、また誤差が大きいです。温度センサーを肛門に挿して直腸温を測定する方法は、正確かつ比較的容易に深部体温を測定できますが、これを日常的に行うことは困難です。

タイトルとURLをコピーしました