冠動脈疾患が疑われる場合のCT検査の意義には性差を認める~なでしこ研究~

ad
ad

2018-02-15 日国立研究開発法人国立循環器病研究センター,国立研究開発法人日本医療研究開発機構

国立循環器病研究センター(大阪府吹田市、理事長:小川久雄、略称:国循)予防医学・疫学情報部の中尾葉子上級研究員、宮本恵宏部長、心臓血管内科の野口暉夫部長、安田聡副院長らからなるなでしこ研究グループは、冠動脈疾患が疑われる患者に対する冠動脈CT検査の意義に男女差があることを明らかにしました。本研究成果は国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)「女性の健康の包括的支援実用化研究事業-Wise」の支援により行われたもので(「女性の冠動脈疾患診断およびリスク層別化における、冠動脈CTの多面的解剖学的指標および新規機能的指標の意義と費用効果分析」研究開発代表者:中尾葉子)、英国の専門誌「Heart」オンライン版に平成30年1月13日(現地時間)に掲載されました。

背景

心疾患は今もわが国の死因の第2位(1位はがん)を占め、多くの医療費を要しています。虚血性心疾患、特に心臓に栄養を送る冠動脈が詰まる急性心筋梗塞は突然死の主要な原因疾患で、病院で適切な救命治療が行われたとしてもいまだ致死率が高く、慢性期には心不全の主要な原因になります。従って、心筋梗塞およびその前段階である冠動脈の動脈硬化を早期に発見し、予防する必要があります。

タイトルとURLをコピーしました