恐怖の記憶が消去されると喜びを感じるメカニズムを解明

ad
ad

2020-01-20 理化学研究所,MIT

理研-MIT神経回路遺伝学研究室の利根川進理研フェローらの研究チームは、恐怖の記憶が消去されることを喜びと感じるメカニズムの一端を明らかにしました。

本当に悪い経験が起こると予想し、そうでない場合、それは明らかに前向きな気持ちです。マウスでの恐怖絶滅訓練の新しい研究は、その理由を示唆する可能性があります:調査結果は、もはや恐怖を感じないことを学ぶための鍵となる脳細胞の正確な集団を特定するだけでなく、これらのニューロンが報酬の感情をエンコードするのに役立つものと同じであることも示しています。

MITのPicower Institute for Learning and Memoryの科学者が1月14日にNeuronで発表したこの研究は、恐怖の絶滅の記憶と報酬の感覚が、扁桃体後部(pBLA)の遺伝子Ppp1r1bを発現するニューロンによって同様に保存されることを具体的に示しています、嫌悪感ややりがいのある感情、または「バレンス」と記憶との関連付けを割り当てることが知られている地域。この研究は、大学院生のシャン・ギュー、元大学院生のジョシュア・キム、および理研-MITの生物学と神経科学の教授、利根川進、MITおよびハワードのピコワー学習および記憶研究所の神経回路遺伝学研究所によって実施されました。

詳細

An area of brain tissue mostly glows green but has a red patch in the middle

January 15, 2020

RESEARCH FINDINGS

With these neurons, extinguishing fear is its own reward

When you expect a really bad experience to happen and then it doesn’t, it’s a distinctly positive feeling. A new study of fear extinction training in mice may suggest why: The findings not only identify the exact population of brain cells that are key for learning not to feel afraid anymore, but also show these neurons are the same ones that help encode feelings of reward.

The study, published Jan. 14 in Neuron by scientists at MIT’s Picower Institute for Learning and Memory, specifically shows that fear extinction memories and feelings of reward alike are stored by neurons that express the gene Ppp1r1b in the posterior of the basolateral amygdala (pBLA), a region known to assign associations of aversive or rewarding feelings, or “valence,” with memories. The study was conducted by Xiangyu Zhang, a graduate student, Joshua Kim, a former graduate student, and Susumu Tonegawa, Professor of Biology and Neuroscience at RIKEN-MIT Laboratory of Neural Circuit Genetics at the Picower Institute for Learning and Memory at MIT and Howard Hughes Medical Institute.

タイトルとURLをコピーしました