発火タイミングに基づく匂い識別の仕組みを解明

ad
ad
-匂いの濃度が変わっても感じる匂いが変わらないのはなぜか?-

2017年12月7日

理化学研究所
九州大学

理化学研究所(理研)多細胞システム形成研究センター感覚神経回路形成研究チームの今井猛チームリーダー(九州大学大学院医学研究院教授)、岩田遼訪問研究員らの共同研究チームは、哺乳類の嗅覚一次中枢である嗅球[1]において、匂いの情報が神経細胞の発火タイミング[2]に基づいて識別される仕組みを明らかにしました。

[pdf-embedder url=”http://tiisys.com/wp/wp-content/uploads/2017/12/171206medical-hakkataiminngu.pdf”]

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました