西アフリカの主食作物ギニアヤムの起源を解明

ad
ad
ad

ニアヤムはサバンナと熱帯雨林に生育する野生種の雑種起源

2020-12-08 京都大学,国際農研,岩手生物工学研究センター

概要

ヤマノイモ属の根菜作物を総称してヤム(Yam)と呼びます。ナガイモもヤムの一種です。世界のヤムの90%以上は、ナイジェリアやガーナなどの西アフリカ地域で生産されています。この地域の最も重要なヤムはギニアヤムという種です。ギニアヤムは、主食として重要であるとともに、西アフリカの社会と文化に密接に関わっています。しかし、その起源は今まで不明でした。私たちの研究グループは、2017年にギニアヤムのゲノム解読に世界で初めて成功しました。今回発表の研究では、300系統以上のギニアヤムの全ゲノム解読を進め、それらを現地の近縁野生種のゲノムと比較しました。その結果、ギニアヤムが、サバンナ地帯に生育する野生種アビシニカヤマノイモと熱帯雨林地帯に生育する野生種プラエヘンシリスヤマノイモの雑種である可能性が高いことを明らかにしました。今後、ゲノム情報を活用し、野生種を交配親として利用することにより、耐病性、ストレス耐性、収量性などに関わる性質をギニアヤムに導入して西アフリカの食料安全保障に寄与することができます。

本研究成果は、 (公財)岩手生物工学研究センター、ナイジェリア国際農業研究センター(IITA)、国際農林水産業研究センター(国際農研)、総合研究大学院大学、京都大学農学研究科の博士課程学生 杉原優氏、寺内良平教授らの共同研究成果です。

本成果は、2020年12月3日に米国の国際学術誌「米国科学アカデミー紀要」 にオンライン掲載されました。

関連情報

本研究は、(公財)岩手生物工学研究センター、国際熱帯農業研究所(IITA)がビルメリンダゲーツ財団から支援を受けて実施しているAfricaYamプロジェクト、および(公財)岩手生物工学研究センター、国際熱帯農業研究所(IITA)が国際農林水産業研究センター(国際農研)から支援を受けて実施しているEDITS-YAMプロジェクトの一環として実施しました。

発表論文

論文著者
Yu Sugihara, Kwabena Darkwa, Hiroki Yaegashi, Satoshi Natsume, Motoki Shimizu, Akira Abe, Akiko Hirabuchi, Kazue Ito, Kaori Oikawa, Muluneh Tamiru-Oli, Atsushi Ohta, Ryo Matsumoto, Paterne Agre, David De Koeyer, Babil Pachakkil, Shinsuke Yamanaka, Satoru Muranaka, Hiroko Takagi, Ben White, Robert Asiedu, Hideki Innan, Asrat Asfaw, Patrick Adebola, Ryohei Terauchi
論文タイトル
Genome Analyses Reveal the Hybrid Origin of the Staple Crop White Guinea Yam (Dioscorea rotundata)
雑誌
Proceedings of the National Academy of Sciences, U.S.A.
Genome analyses reveal the hybrid origin of the staple crop white Guinea yam (Dioscorea rotundata)
Guinea yam is an important staple tuber crop in West Africa, where it contributes to the sustenance and sociocultural lives of millions of people. Understanding...

問い合わせ先など

京都大学農学研究科栽培植物起原学分野(京都府京都市)
研究推進責任者: 教授 寺内良平

国際農研(茨城県つくば市)
理事長 岩永 勝
研究推進責任者:プログラムディレクター 中島 一雄
研究担当者:生物資源・利用領域 村中 聡
広報担当者:企画連携部 情報広報室長 中本 和夫
プレス用 e-mail:koho-jircas@ml.affrc.go.jp

タイトルとURLをコピーしました