バーチャルリアリティ技術を用いた臨床実習教材を開発しました。

ad
ad

2021-01-13 京都大学

医学研究科では、新型コロナウイルス感染症に対応した医学部学生の学びを確保するために、非対面・非接触でも可能な臨床実習の実現を目的に、イマクリエイト株式会社と共同で臨床実習のバーチャルトレーニング教材を開発しました。バーチャルテクノロジーによる体の動きのデータ化と、その社会実装を進めるイマクリエイト株式会社の「ナップ」を用い、臨床手技教材(胸部聴診、腹部触診、膝蓋腱反射)を作成しました。

本教材の開発には、医学部教育研究支援基金(KMS-FUND)の「新型コロナウイルス感染症対策 緊急学生支援」へ寄せられた寄附金が充てられました。

文章を入れてください
医師の動きを可視化した様子​

文章を入れてください
仮想の患者で診察手技を学習する様子

タイトルとURLをコピーしました