謎多き海のハリガネムシの予想外の宿主を発見

ad
ad

2021-06-29 京都大学

福地順 理学研究科博士課程学生、角井敬知 北海道大学講師、嶋田大輔 同研究員の研究グループは、ワラジムシやオオグソクムシ、ダイオウグソクムシなどが含まれる等脚類を宿主(寄生相手)とするハリガネムシを世界で初めて発見しました。

ハリガネムシは類線形動物門に属する動物の総称で、カマキリのお尻を水に浸けると現れる針金のような動物として有名です。幼体は内部寄生虫ですが、成体は宿主外で自由生活を行います。約360種の大部分は陸水生種であり、海生種は5種に限られます。これまで海のハリガネムシの宿主は、ヤドカリやエビ、カニなどが含まれる十脚類というグループに限られると考えられていました。

今回、本研究グループは、日本海の水深1,425 mから採集された等脚類の一種の体内からハリガネムシを発見しました。これは1870年代の海生ハリガネムシの初報告以降、世界初となる等脚類に寄生する個体の発見です。得られた個体は幼体であったため種名は特定できませんでしたが、形態情報を記録し、ほとんど情報の無かったDNA配列情報を複数遺伝子について決定しました。

今回の研究成果は、十脚類以外にも海生ハリガネムシの探索の目を向ける非常に重要な発見です。また、複数遺伝子のDNA配列情報決定の条件を整えたことにより、海のハリガネムシの研究においてDNA配列情報活用の道が開けました。今後、より広範な動物群を対象にハリガネムシの探索を行い、発見した種の形態情報とDNA配列情報を蓄積していくことで、謎多き海のハリガネムシの多様性と進化について理解が進むことが期待されます。

本研究成果は、2021年6月22日に、国際学術誌「Parasitology Research」のオンライン版に掲載されました。


図:ハリガネムシに寄生された等脚類の一種(ヤマトスナホリムシ)と摘出したハリガネムシ。矢印:体内のハリガネムシ(複数個体が寄生している)

詳しい研究内容≫

タイトルとURLをコピーしました