2022-11-09

有機化学・薬学

ミニ組織モデルへの経血管刺激を電気化学的に計測~がんオルガノイドを用いた薬剤評価システムへ展開~

2022-11-09 京都大学 人工多能性幹細胞(iPSC)や生体幹細胞から生体のミニ組織(オルガノイド)を作ることが可能となったことで、薬剤探索ツールとしての活用が期待されています。ミニ組織モデルの機能を維持しつつ生体内の機能に近づ...
有機化学・薬学

ダニに刺されないための予防策を提案する新装置が登場(Ticked Off: New Device May Offer a Better Way to Prevent Tick Bites)

UMass Amherstで軍用にテストされた空間的な忌避剤は、いつかダニが媒介する病気の発生を抑えることができるかもしれない Spatial repellents tested at UMass Amherst for the Army...
細胞遺伝子工学

世界初のイネ根圏微生物叢の網羅的1細胞ゲノム解析に成功~コメ生産現場が抱える問題のデータベース化に向けて~

2022-11-09 京都大学 青木 航 農学研究科助教、植田 充美 産官学連携本部特任教授、 間藤 徹 名誉教授、竹山 春子 早稲田大学先進理工学研究科教授、細川 正⼈ 同准教授、松田 修平 JST-COI-NEXT研究員らの共同研...
生物化学工学

新生仔に入り込んだ母由来細胞は、免疫の制御に寄与する

2022-11-09 東京大学 Flore S. Castellan(生物科学専攻 博士課程(研究当時)) 入江 直樹(生物科学専攻 准教授) 発表のポイント 出生後も子の体内に残り続ける母由来細胞が、新生仔の免疫系を制...
医療・健康

腎臓病の診断に応用できる新たな尿検査法を開発

2022-11-09 東京大学医学部附属病院 東京大学医学部附属病院の張田豊准教授、同院の滝澤慶一助教、がん研究会がんプレシジョン医療研究センターの植田幸嗣プロジェクトリーダー、東京大学大学院工学系研究科の一木隆範教授らの研究グループ...
生物環境工学

失われたアメリカオウムと古代先住民の鳥類取引に関連する古い骨(Old Bone Links Lost American Parrot to Ancient Indigenous Bird Trade)

2022-11-08 テキサス大学オースチン校(UT Austin) The tarsometatarsus, or ankle bone, of a thick-billed parrot. The bone was colle...
有機化学・薬学

モチベーションは酸化ストレスに影響される、栄養は助けになる(Motivation is affected by oxidative stress, nutrition can help)

モチベーションは、脳の酸化ストレスに影響されることが、EPFLとネスレの研究で明らかになりました。また、この研究結果は、栄養学的な介入によってモチベーションを向上させることができることを示唆しています。 Motivation is aff...
ad
タイトルとURLをコピーしました