2022-11-10

医療・健康

RNA修飾による赤血球造血制御機構を解明~RNAのメチル化がDNA修復に必要~

2022-11-10 京都大学 吉永 正憲 医学研究科助教、竹内 理 同教授らの研究グループは、RNAメチル化修飾酵素として機能するタンパク質METTL16が、赤血球の分化において重要な役割を果たしていることを見出しました。 ヒ...
医療・健康

人間の耳に聴こえない超高周波を豊富に含む音が 血糖値上昇を抑制することを発見 〜糖尿病に対する「情報医療」の開発に期待〜

2022-11-10 国立精神・神経医療研究センター 研究のポイント 人間の耳では音として感じることのできない20kHz以上の超高周波を豊富に含む音が、ブドウ糖負荷後の血糖値上昇を顕著に抑制することを、世界で初めて発見しました。...
有機化学・薬学

金ナノ粒子触媒により第三級アミン酸化の従来型選択性を打破~新規機能性化学品の環境にやさしい効率的な創製に期待~

2022-11-10 東京大学 1. 発表者: 谷田部 孝文(東京大学 大学院工学系研究科応用化学専攻 助教) 山口  和也(東京大学 大学院工学系研究科応用化学専攻 教授) 2.発表のポイント: ◆金ナノ粒子触媒及び亜鉛...
医療・健康

国際ゲノム解析により関節リウマチの遺伝的背景を解明~個人のゲノム情報を活用した発症予測の社会実装に貢献~

2022-11-10 理化学研究所,大阪大学,東京大学,京都大学,産業医科大学,東京医科歯科大学,東京女子医科大学,ハーバード大学 理化学研究所(理研)生命医科学研究センターヒト免疫遺伝研究チームの石垣和慶チームリーダー、大阪大学大学...
生物化学工学

腸内寄生虫がウサギの呼吸器感染症を増加させる可能性(Gut parasites may increase onward transmission of respiratory bugs in rabbits)

ウサギを用いた研究で、1つまたは複数の腸内寄生虫の同時感染がボルデテラ菌の排出を増加させ、その後の感染を増加させる可能性があることが示された。 A study in rabbits shows that co-infection with...
生物環境工学

南カリフォルニアの釣り場では、魚を食べることに関連した寄生虫が確認されています。(Parasites Associated with Eating Fish Showing Up in Southern California Fishing Locales)

危険なヒラムシを宿主とするカタツムリが広く分布していることが判明 Snail that hosts potentially dangerous flatworms found to be widespread 2022-11-07 カリ...
医療・健康

脳卒中リスクのスクリーニングは、命とお金の節約につながる(Screening for stroke risk can save lives and money)

2022-11-09 スウェーデン・リンショーピング大学 心房細動の体系的なスクリーニングプログラムは、世界のどこでも使われていない。 今回の研究を行った研究者は、75〜76歳の心房細動のスクリーニングの費用対効果を計算し、そのようなプ...
医療・健康

麻痺後の歩行を回復させる神経細胞を特定(Scientists identify neurons that restore walking after paralysis)

2022-11-09 スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL) 新しい研究で、脊髄刺激によって活性化され、リモデリングされるニューロンのタイプが特定され、患者が立ち上がり、歩き、筋肉を再構築できるようになり、それによって生活の質が改善さ...
医療・健康

タンパク質に関する知見が肺がん治療を後押しする可能性(Protein insights may boost lung cancer treatment)

肺がんの初期段階のメカニズムを研究している科学者たちが、新たな治療法の可能性を見出し、この病気の早期発見を助ける可能性がある。 Scientists investigating the mechanics of the early sta...
ad
タイトルとURLをコピーしました