2022-11-22

生物工学一般

より本物の心臓に近い心臓オルガノイドによる薬剤の効果を評価するシステム 〜細胞間コミュニケーションを研究できるツールの開発〜

2022-11-21 京都大学iPS細胞研究所 ポイント ヒト心筋線維芽細胞において、p38阻害剤単独または免疫抑制剤タクロリムスやシロリムスとの併用により、線維化を抑えることが可能であった。 iPS細胞由来の心臓オル...
生物工学一般

寛容な子育てに必要な脳~我が子荷にならず?サルも育児は忍耐の連続~

2022-11-21 理化学研究所 理化学研究所(理研)脳神経科学研究センター 親和性社会行動研究チームの篠塚 一貴 研究員、黒田 公美 チームリーダーらの国際共同研究グループは、霊長類(サル)の子育ての寛容性に必要な脳部位を特定しま...
医療・健康

加齢黄斑変性の発症に関わる2つの新規感受性領域を同定 〜失明原因の精密医療に向けた一歩〜

2022-11-22 九州大学 ポイント 加齢黄斑変性は主要な失明原因疾患の一つで、発症には遺伝要因が関与する。 日本人患者約3,700名を対象としたアジアで最大規模のゲノム研究により、加齢黄斑変性の発症に関わる2つの...
医療・健康

運動指令信号と感覚信号が統合されて運動が作り出される過程を発見~中枢神経系と末梢神経系の大規模神経活動記録から明らかに~

2022-11-22 生理学研究所 京都大学大学院医学研究科脳統合イメージング分野の梅田達也 准教授(元生理学研究所)と神経生物学分野の伊佐正 教授(元生理学研究所)、東京都医学総合研究所脳機能再建プロジェクトの西村幸男 プロジェクト...
細胞遺伝子工学

非翻訳RNAの発現を予測するAIの開発~ゲノム解析からの疾患理解を促進~

2022-11-22 理化学研究所 理化学研究所(理研)生命医科学研究センター ゲノム解析応用研究チームの小井土 大 特別研究員(研究当時、現 客員研究員、東京大学 大学院新領域創成科学研究科 助教)、寺尾 知可史 チームリーダー、ピ...
生物環境工学

ウグイスの腸内微生物の構成はどのように形成されているのでしょうか?(What shapes the composition of microbes in a warbler’s gut?)

ウグイスの微生物が食事よりも進化の影響を受けていることを示唆する新たな研究結果 New research suggests that the microbiomes of warblers are influenced more by e...
医療・健康

循環器疾患の治療法を前進させる可能性のある発見(Discovery May Advance Treatment of Cardiovascular Disease)

ヒューストン大学の研究者が心臓再生の細胞治療法を初めて報告 University of Houston Researchers First to Report Cell Therapy Process for Heart Regenera...
細胞遺伝子工学

CRISPRで遺伝子の “ヒッチハイカー”を誘導することに成功(Genetic ‘Hitchhikers’ Can Be Directed Using CRISPR)

2022-11-21 ノースカロライナ州立大学(NCState) CRISPR-Casシステムは一般に、バクテリオファージやプラスミドなどの外来遺伝要素のRNA誘導分解を通じて原核生物に適応免疫を提供します。 研究者らは、トランスポゾン...
医療・健康

ライム病のマッピング(Mapping Lyme Disease Out West)

カリフォルニア州におけるライム病のヒトへの感染と生態学的要因の関連性を研究者が解明 Researchers connect human Lyme disease infections with ecological factors acr...
ad
タイトルとURLをコピーしました