2022-11-04

細胞遺伝子工学

RNA制御型タンパク質分解酵素Cas7-11-Csx29を発見!

2022-11-04 東京大学先端科学技術研究センター 1.発表者 加藤 一希(東京大学先端科学技術研究センター 特任講師) 岡崎 早恵(東京大学先端科学技術研究センター 学術専門職員) 西増 弘志(東京大学先端科学...
有機化学・薬学

肝臓がんの分子分類と治療薬選択~がんのタンパク質/ゲノム統合解析による成果~

2022-11-04 理化学研究所,岩手医科大学 理化学研究所(理研)生命医科学研究センターがんゲノム研究チームの藤田征志上級研究員(研究当時、現客員研究員)、中川英刀チームリーダー、岩手医科大学医歯薬総合研究所医療開発研究部門の西塚...
医療・健康

COVID-19肺炎CT画像によるサーベイランスシステムを開発~パンデミックに即応して研究開発が可能なICTプラットフォーム~

2022-11-01 国立情報学研究所 情報・システム研究機構 国立情報学研究所(NIIエヌアイアイ、所長:喜連川 優、東京都千代田区)の医療ビッグデータ研究センター(センター長:客員教授・森 健策)のチーム(教授・合田 憲人、特任准...
細胞遺伝子工学

進化情報をAIがとらえ酵素機能をデザイン可能に ~機械学習で酵素の基質選択性を設計する新技術~

2022-11-03 大阪大学,科学技術振興機構 ポイント 酵素の基質・補酵素特異性をつかさどるアミノ酸残基を人工知能により推定する手法を開発 進化過程で保存されてきたアミノ酸配列をひも解くことで機能に関わるアミノ...
有機化学・薬学

機械学習によりタンパク質の5D画像を生成(Machine learning generates pictures of proteins in 5D)

2022-11-02 ワシントン大学セントルイス 研究者たちは、機械学習と物理法則を組み合わせることにより、1枚の画像から5次元的に重なり合った単一分子の向きと位置を選別することに成功した。 研究チームは、ノイズの多い1枚のピクセル画像...
医療・健康

SARS-CoV-2による脳細胞の損傷をオルガノイドで解明 – 治療法の可能性も示唆(Organoids Reveal How SARS-CoV-2 Damages Brain Cells — and a Potential Treatment)

COVID-19感染症は長期間にわたり神経症状をもたらす可能性がある;新たな研究により、既に承認されている抗ウイルス剤がウイルスの複製を阻害し、障害を受けた神経細胞を救う可能性が示唆される。 COVID-19 infections can...
生物環境工学

雨の日も晴れの日も、ウイルスは土の中で生き続ける(Come rain or shine, viruses live on in soil)

2022-11-03 ローレンスリバモア国立研究所(LLNL) 新しい研究によると、草原のウイルス群集はたった1つのフィールドで空間的に大きく層状化しており、ローカルスケールでは強い拡散の限界があることが示唆された。 今回の研究で研究チ...
生物環境工学

肉食動物の腸内細菌から野生の生態系の健康状態がわかる(Carnivore Gut Microbes Offer Insight Into Health of Wild Ecosystems)

2022-11-03 ノースカロライナ州立大学(NCState) 比較的手つかずの自然環境に生息する野生のテン(Martes americana)の腸内の微生物生態系は、人間の活動により大きな影響を受けている地域に生息する野生のテンの腸内...
医療・健康

出生コホート研究により、幼少期のトラウマが精神的な負担になることが明らかに(Birth cohort study reveals the mental health burden of trauma in childhood)

バース大学の心理学者がThe Lancet Psychiatry誌に発表した新しい研究は、子どもたちのトラウマがもたらす広範囲な影響を浮き彫りにしています。 A new study published in The Lancet Psyc...
ad
タイトルとURLをコピーしました