2023-11-23

生物化学工学

環形動物ミドリシリスの特異な繁殖様式~ストロナイゼーションの発生過程と遺伝子発現~

2023-11-22 東京大学 中村 真悠子(研究当時:博士課程) 佐藤 大介(研究当時:生物科学専攻修士課程、現:同専攻博士課程) 加藤 寿美香(研究当時:生物学科学部生、現:同大学院博士課程) 小口 晃平(生物科学専攻 特任助教) 岡西...
生物環境工学

植物のない場所から、地球が温暖化する中で植物が生き残るための手がかりを得る(From a plant-free place, clues about how to help plants survive as planet warms)

2023-11-20 ハーバード大学 ◆気温の上昇は植物に影響を与え、干ばつに対処するために進化した機構がある。しかし、植物は乾燥した空気と乾燥した土壌のどちらに対して自己防御を高めるかは議論の的。 ◆ハーバード大学の研究チームは、植物の乾...
生物環境工学

ソフトコーラルが温暖化した海を生き抜くための鍵となる藻類を特定(Study identifies key algae species helping soft corals survive warming oceans)

2023-11-22 バッファロー大学(UB) ◆硬いサンゴが気候変動や汚染などにより姿を消す中、カリブ海の軟サンゴ(オクトサンゴ)は一部が熱波を生き抜いていることが、フロリダキーズでの2年間の調査で明らかになった。 ◆コフロス教授らの研究...
医療・健康

HIVタンパク質のダイナミックな構造を解明する画期的なイメージング技術(Imaging Breakthroughs Provide Insight into the Dynamic Architectures of HIV Proteins)

2023-11-22 カリフォルニア工科大学(Caltech) ◆カルテックの研究者たちは、HIVのエンベロープタンパク質の構造を1メートルの10億分の1の解像度で撮影し、感染プロセスの基本的な理解を深めました。 ◆HIVは非常に変異し、抗...
生物化学工学

巨大な単一細胞の成長は日々の自己リズムと連動している(Growth of a Giant Single Cell is Intertwined with Daily Self-Rhythms)

2023-11-22 カリフォルニア工科大学(Caltech) ◆カウレルパは海藻の一種で、1つの細胞が伸びていますが、各植物は直径1メートルに成長します。多くの植物は各生きている細胞が特定のタスクを担当し、分化することで成長します。しかし...
生物工学一般

植物タンパク質:模倣による影響(Plant proteins: influence by imitation)

2023-11-21 ミュンヘン大学(LMU) ◆免疫システムのシグナリング分子であるMIFタンパク質と植物のMDLタンパク質は、構造的に驚くほど類似しており、ミュンヘン大学病院とRWTHアーヘン工科大学の研究チームが発見しました。 ◆これ...
医療・健康

抗リウマチ薬が甲状腺疾患を予防する可能性(Anti-rheumatic drugs could prevent thyroid disease)

2023-11-22 カロリンスカ研究所(KI) ◆関節リウマチ(RA)患者は自己免疫性甲状腺疾患の発症リスクが高いが、これまでその関連については十分に解明されていなかった。 ◆スウェーデンの研究では、RA治療に使われる免疫調節薬が自己免疫...
生物工学一般

血液中のワイヤレス(Wireless in the blood)

2023-11-22 スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL) Blood vessels © iStock 2023 ◆Internet of Bio-Nano Things(IoBNT)は、コンピュータサイエンスと生物学の融合により、...
医療・健康

新しいAIツールは、人間だけよりも乳がんを最大13%多く検出する(New AI tool detects up to 13% more breast cancers than humans alone)

2023-11-17 インペリアル・カレッジ・ロンドン(ICL) ◆Nature Medicineに掲載された研究によれば、AIツール「Mia」は欧州の医療環境で乳がんの早期検知を最大13%向上させる可能性があることが示された。 ◆2020...
生物環境工学

気候変動でサイクロンが発生した場合、体格が大きいほど有利になる(The bigger you are, the better you fare when climate change causes cyclones)

2023-11-22 カナダ・ブリティッシュコロンビア大学(URC) ◆最新の研究によれば、熱帯サイクロンの影響を受けにくいのは大型動物であることが分かった。2019年にモザンビークを襲ったイダイ台風を調査し、GPSカラーやカメラ、空中調査...
生物工学一般

蛋白質構造予測におけるAlphaFold2の精度の限界を検証する(Testing the limits of AlphaFold2’s accuracy in predicting protein structure)

2023-11-22 韓国基礎科学研究院(IBS) ◆韓国の基礎科学研究所の研究者たちは、AlphaFold2 AIのタンパク質構造予測の限界を調査。DNAによってコードされるタンパク質の複雑な三次元構造の実験的測定は難題で、AlphaFo...
ad
タイトルとURLをコピーしました