2023-11-24

医療・健康

ダウン症・自閉症関連タンパク質キナーゼDYRK1Aの抑制因子の発見~FAM53Cタンパク質はDYRK1Aに結合して活性を低下させる~

2023-11-24 京都大学 ダウン症候群はヒトの第21番染色体が通常より1本多く存在することで発症する先天性疾患です。ダウン症は新生児で最も多い遺伝子疾患でありかつ最も頻繁にみられる精神遅滞の原因です。第21番染色体にコードされているD...
医療・健康

大学生を対象としたこころの性の調査 ~”ジェンダーアイデンティティ”と”性的指向”には、多様性がある~

2023-11-24 国立成育医療研究センター 国立成育医療研究センター(所在地:東京都世田谷区、理事長:五十嵐隆)分子内分泌 研究部の深見真紀、吉田朋子らは、ダイバーシテイ研究室の松原圭子、周産期病態研究部 中林一彦、國學院大學の島田由紀...
医療・健康

悪性度の高い子宮頸癌の原因となるHPV18型の標的細胞とウイルス複製の特徴を解明

2023-11-24 東京大学 東京大学医学部附属病院女性診療科・産科の田口歩届出研究員、東京大学大学院医学系研究科生殖・発達・加齢医学専攻の豊原佑典大学院生、曾根献文准教授、大須賀穣教授ならびに、早稲田大学ナノ・ライフ創新研究機構の松永浩...
医療・健康

熱が引いても疲れが取れない理由~ウイルス感染後の長引く倦怠感に脳内炎症が関与~

2023-11-24 理化学研究所 理化学研究所(理研)生命機能科学研究センター 生体機能動態イメージング研究チームの崔 翼龍 チームリーダー(研究当時、現 分子標的化学研究チーム 客員主管研究員)、標識化学研究チームの土居 久志 チームリ...
生物化学工学

脳内の概日リズムの司令塔は低温で停止し、再加温により時刻がリセットして再開することを発見~長年の謎であった冬眠時の概日リズムのメカニズムの理解に貢献~

2023-11-22 生命創成探究センター 自然科学研究機構 生命創成探究センター (ExCELLS) / 生理学研究所の榎木亮介准教授、根本知己教授らの研究グループは、名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所(WPI-ITbM)の金...
有機化学・薬学

酵母のエタノール耐性のカギとなるメカニズムを解明~長年の謎の解明に大きな手がかり~

2023-11-24 京都工芸繊維大学,基礎生物学研究所 1.発表概要 国立大学法人京都工芸繊維大学 応用生物学系 井沢真吾 准教授、同大学大学院工芸科学研究科博士前期課程 安東稜子氏、大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 基礎生物学研究...
生物化学工学

ゲノム研究により、アジアの肉食性ピッチャープラントがどのようにして特徴的な捕虫器を獲得したかが明らかになった。(Genomic study sheds light on how carnivorous Asian pitcher plants acquired signature insect trap)

2023-11-23 バッファロー大学(UB) ◆新しい研究では、捕食植物であるネペンテス・グラシリスのゲノムが解読され、植物の持つ多くの染色体が生存に障害をもたらす一方で、進化的な革新の背後にある可能性があることが明らかにされました。これ...
医療・健康

ドローンは救急車到着前に除細動器の使用を可能にした(Drones enabled the use of defibrillators before ambulance arrival)

2023-11-23 カロリンスカ研究所(KI) ◆カロリンスカ研究所の研究者は、ドローンに搭載した自動体外式除細動器(AED)を心臓発作疑いの患者に送り、救急車到着前にAEDを使用する可能性を評価しました。 ◆研究では、ドローンが平均3分...
生物環境工学

ミズゴケと低木の下の泥炭の隠れた動態を探る(Scientists explore hidden dynamics in peat under mosses and shrubs)

2023-11-23 スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL) ◆アレクサンドル・ビュトレール教授は、泥炭地帯のメカニズムについて研究し、これらの生態系における未知のプロセスに焦点を当てています。泥炭地帯は二酸化炭素吸収源であり、ビュトレ...
ad
タイトルとURLをコピーしました