2023-11-29

有機化学・薬学

DNA複製ストレスによる染色体不安定性と抗腫瘍免疫活性化の分子機構を解明~DNA複製ストレスを標的とした新規がん免疫療法の開発に期待~

2023-11-29 国立がん研究センター 発表のポイント DNA複製ストレス*1誘導剤による染色体不安定性*2と抗腫瘍免疫活性化の分子機構を解明しました。 DNA複製ストレス誘導剤である新規CDC7(cell division cycle...
医療・健康

アトピー性皮膚炎のかゆみ伝達機序を解明~かゆみ治療のためのSTAT3阻害薬開発の重要性を示唆~

2023-11-29 理化学研究所 理化学研究所(理研)生命医科学研究センター 組織動態研究チームの髙橋 苑子 研究員、落合 惣太郎 基礎科学特別研究員(研究当時、現 客員研究員)、岡田 峰陽 チームリーダーらを中心とした共同研究グループは...
医療・健康

⽣後1歳半までの口腔細菌叢の変化を⾼精度に同定 〜離乳期の⾷習慣が1歳6か⽉児の⼝腔細菌叢形成に影響することが明らかに〜

2023-11-28 九州⼤学 ポイント ⼝腔細菌叢は⽣後4ヶ⽉から1歳半の間に急激に成熟し、1歳6か⽉児ですでに成⼈の⼝腔細菌叢の⼟台が形成されていた。 ⽢味飲料やお菓⼦の摂取が多い等の⾷習慣がある1歳6か⽉児では、⼝腔細菌叢のバランス異...
細胞遺伝子工学

魚類の性決定システムの多様性と収斂性

2023-11-29 国立遺伝学研究所 このたび、生態遺伝学研究室の北野潤教授は、京都大学の安齋賢博士、長浜バイオ大の竹花佑介博士、東京海洋大の山本洋嗣博士とともに、硬骨魚類の性決定システムについての総説を執筆し、Annual Review...
生物化学工学

メダカにおけるセントロメア関連反復配列の再配置

2023-11-29 国立遺伝学研究所 核型、すなわち染色体の数と形の変化は、種分化を含む多くの進化過程で重要な役割を果たしています。染色体数の変化は、これまでは主にセントロメア部位での融合や分離によるものであると考えられ、染色体の腕数の変...
医療・健康

アルファウイルス感染を阻止する方法を特定(Researchers identify way to block alphavirus infection)

2023-11-27 ワシントン大学セントルイス校 ◆ワシントン大学医学部の研究者は、アルファウイルスと呼ばれる蚊媒介のウイルスの感染を阻止するための新しい方法を見つけました。これらのウイルスは関節や脳の感染を引き起こす可能性があり、特に抗...
生物環境工学

ミニマリストかマキシマリストか?地下1マイルの微生物の一生(Minimalist or maximalist? The life of a microbe a mile underground)

2023-11-28 ノースウェスタン大学 ◆ノースウェスタン大学の研究者は、南ダコタ州の旧金鉱を利用した地下実験室で、地球の表面よりも深いところに生息する微生物に関する最も包括的な地図を作成しました。約600の微生物ゲノムを解析し、その多...
医療・健康

胎内で大気汚染にさらされると生殖器系の発達に影響する可能性(Exposure to Air Pollution In Utero May Affect Reproductive System Development)

202-11-15 ラトガース大学 ◆ラトガーズ大学の研究によると、大気汚染が呼吸器だけでなく生殖健康にも悪影響を及ぼす可能性があることが示唆された。胎児期のホルモンへの曝露を示す指標である肛門外性距離が一部の大気汚染物質によって悪化する可...
医療・健康

新たに同定されたバイオマーカーにより、血液検査で早期の認知機能低下を検出できる可能性(Newly identified biomarkers may detect early cognitive decline via blood test)

2023-11-28 ペンシルベニア州立大学(PennState) ◆極端なストレス要因に晒された人々の中で、精神障害や幼少期の虐待が引き起こす健康問題に加え、認知機能の低下を予測する遺伝的指標が特定された。ペンシルベニア州立大学の研究者は...
医療・健康

ADHDの長期治療と心血管疾患との関連に関する新たな知見(New findings on long-term treatment of ADHD and link to cardiovascular disease)

2023-11-28 カロリンスカ研究所(KI) ◆ADHD薬の服用を始める患者、特に若い成人の多くが、特に初年度に服用を中止する傾向があります。しかし、長期かつ平均以上の用量で使用すると、一部の心血管疾患のリスクが高まる可能性があります。...
ad
タイトルとURLをコピーしました