新型コロナウイルス感染症の重症化バイオマーカー及び重症化を予防するD-アミノ酸の発見 ~医療、患者負担の軽減に期待~

ad
ad
ad

2022-11-28 医薬基盤・健康・栄養研究所

国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所(大阪府茨木市、理事長・中村祐輔)(以下「NIBIOHN」という。)難治性疾患研究開発・支援センター 木村 友則 センター長は、国立大学法人 大阪大学大学院医学系研究科腎臓内科学 猪阪 善隆 教授と共同で、D-アミノ酸が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症化予測及び重症化予防に有用であることを発見しました。

2019年以降のCOVID-19によるパンデミックが起きて以来、未だに重症化予測や治療法開発は難しく、医療現場や患者にとって大きな負担となっています。

今回、D-アミノ酸を測定すると、COVID-19患者の重症化を予測できること、さらに、D-アミノ酸の一種であるD-アラニンに症状を軽減する効果があることを発見しました。

本知見はCOVID-19のみならずインフルエンザウイルス感染症においても適用できることから、ウイルス感染症患者の早期段階での重症化予測や、治療介入が可能となり、関連する医療、患者負担を軽減することが期待されます。

なお、本研究成果は、10月21日に「Biochimica et Biophysica Acta – Molecular Basis of Disease」誌のオンライン版で公開されました。

詳しい資料は≫

タイトルとURLをコピーしました