ミャンマーにおけるイネゲノム育種システム強化

ad
ad
ad

ODA(The Project for Strengthening Rice Breeding System based on Genomic Technology and Information in Myanmar)

国名 ミャンマー [協力地域地図]
協力期間 2018年5月~2023年5月
事業 技術協力
課題 農業開発/農村開発

プロジェクトの紹介

ミャンマーでは農業は主要な産業であり、同国政府はコメの増産を重要課題としています。灌漑地に適するイネの高収量品種の開発を行っていますがその作付面積は小さいため、天水田や傾斜地にも適応する品種開発に取り組む必要があります。この協力では、現地の農業環境に適応している在来品種の特性を活かしながら、高収量、病害虫に強い形質を付加することで、高い性能を有する品種のイネゲノム育種の開発を支援します。これにより、天水田のような環境でも病害虫に強く、高収量を得られる新品種が普及し、同国の稲作農家の生産量と収入の向上が期待されます。

協力現場の様子

  1. 写真1
  2. 写真2

キャプション

  1. 収穫間近のイネの交配種子(2018年乾期作、2018年6月5日撮影)
  2. DNA抽出のためのイネ葉のサンプリング(2018年8月22日撮影)

事業評価情報

評価結果要約(事前・中間・終了時・事後ほか要約表)

関連情報

関連プロジェクト

関連記事など

タイトルとURLをコピーしました