特定地域で多発する認知症でさまざまな症状が出る脳内メカニズムを解明

ad
ad
ad
ad
ad

脳内タウ病変を標的に、認知と運動2つの機能障害を防ぐ新たな治療戦略の創出に期待

2018-12-08 量子科学技術研究開発機構,三重大学,日本医療研究開発機構

発表のポイント
  • 紀伊半島南部に多発する認知症(筋萎縮性側索硬化症/パーキンソン認知症複合)において、脳内に蓄積するタウタンパク質1)(以下、タウ)が、もの忘れを含むさまざまな症状の原因となり得ることを明らかにした
  • タウの脳内蓄積部位は患者ごとに多様で、蓄積部位に関連した脳機能が障害されている
  • タウの脳内蓄積を抑えることで認知機能障害のみならず、運動機能障害などさまざまな症状の治療や予防もできる可能性が示された
概要

国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構(理事長 平野俊夫、以下「量研」)放射線医学総合研究所脳機能イメージング研究部の島田斉主幹研究員と篠遠仁上席研究員らは、三重大学の小久保康昌招へい教授ら、千葉大学大学院医学研究院・神経内科学の桑原聡教授らと共同で、日本の特定地域に多発する認知症患者に認知機能障害や運動機能障害が生じる原因を解明しました。

認知症や筋萎縮性側索硬化症(ALS)2)、パーキンソン病(PD)3)などの神経難病ではもの忘れなどの認知機能障害だけでなく、しばしば運動機能の障害も見られます。しかし、原因がよくわかっていないため、どちらの障害に対しても十分に効果的な治療が出来ていません。

タイトルとURLをコピーしました