ビタミンAの代謝物質であるレチノイン酸が、2型自然リンパ球を制御性自然リンパ球に変えることを発見

ad
ad

2019-01-23 国立成育医療研究センター研究所

国立成育医療研究センター研究所、免疫アレルギー・感染研究部の森田英明アレルギー研究室長、松本健治部長らの研究グループは、Swiss Institute of Allergy and Asthma ResearchのProf. Cezmi Akdisらとの共同研究により、ビタミンAの代謝物質であるレチノイン酸が、アレルギー性炎症の増悪に関与する2型自然リンパ球を、炎症抑制機能を持つ制御性自然リンパ球に変換することを発見しました。この研究成果は、世界で最も権威のある臨床医学雑誌の一つで、米国アレルギー喘息免疫学会の公式機関誌であるJournal of Allergy and Clinical Immunology (impact factor 13.25)より2019年1月23日に原稿体のまま速報されます。

【発表論文情報】

著者:Hideaki Morita MD, PhD,1,2,3* Terufumi Kubo MD, PhD.,1,2 Beate Rückert Sci Tec,1 Avinash Ravindran Msc,4 Michael B. Soyka MD,5 Arturo Ottavio Rinaldi Msc,1 Kazunari Sugita MD, PhD,1,2 Marcin Wawrzyniak PhD,1,2 Paulina Wawrzyniak PhD,1,2 Kenichiro Motomura MD, PhD,3 Masato Tamari MD, PhD,3 Keisuke Orimo MD,3 Naoko Okada PhD,3 Ken Arae PhD,3,6 Kyoko Saito MD,3 Can Altunbulakli PhD,1,2 Francesc Castro-Giner PhD,1,7 Ge Tan PhD,1,7 Avidan Neumann PhD,1 Katsuko Sudo PhD,8 Liam O’Mahony PhD,1,9 Kenya Honda MD, PhD,10,11, Susumu Nakae PhD,12,13, Hirohisa Saito MD, PhD,3 Jenny Mjösberg PhD,14 Gunnar Nilsson PhD,4 Kenji Matsumoto MD, PhD,3 Mübeccel Akdis MD, PhD,1,2 Cezmi A. Akdis MD,1,2*

タイトルとURLをコピーしました