てんかん原因遺伝子ICKの発見~若年ミオクロニーてんかんの共通発症メカニズムを提示~

ad
ad

2018-03-15 理化学研究所

要旨

理化学研究所(理研)脳科学総合研究センター神経遺伝研究チームの山川和弘チームリーダー、鈴木俊光研究員と宮本浩行研究員らの国際共同研究グループは、若年ミオクロニーてんかんの原因遺伝子「ICK」を発見しました。

若年ミオクロニーてんかん(Juvenile Myoclonic Epilepsy: JME)は、8~20歳で発症し、起床時に頻発するミオクロニー発作[1]や強直間代発作[2]などを特徴とする、最も発症頻度の高いてんかんの一つです。山川チームリーダーらは2004年に、JME原因遺伝子としてタンパク質ミオクロニン1をコードするEFHC1を報告しました注1)EFHC1の変異はJME患者の2~4%注2)に見いだされますが、多くのJME患者の原因遺伝子は未同定のまま残されていました。

今回、国際共同研究グループは、多くの家系・患者の詳細な遺伝学的解析により腸管細胞キナーゼ[3]をコードするICK遺伝子に複数の疾患変異を発見しました。さらにこれらの変異が腸管細胞キナーゼの機能を阻害すること、Ick欠損マウスがてんかん様症状を引き起こすことなどを見いだしました。EFHC1と腸管細胞キナーゼはともに、微小管[4]を介した繊毛[5]や神経細胞増殖・分化・細胞死に関わる機能を持つことから、これらの異常が患者脳でみられる「微小異形成(microdysgenesis)[6]」やてんかん発症につながっていると考えられます。

本成果は、JMEの共通発症メカニズムを示すものであり、今後、発症メカニズムの理解、治療法の開発に大きく貢献すると期待できます。

本研究成果は、英国の科学雑誌『New England Journal of Medicine』に掲載されるのに先立ち、オンライン版(3月14日付け:日本時間3月15日)に掲載されます。

本研究は、文科省科学研究費補助金・基盤研究(A)「てんかんの新規発症機構の解明と治療法の開発」などの支援を受けて行なわれました。

注1)2004年7月19日プレスリリース「若年ミオクロニーてんかん原因遺伝子の発見
Suzuki, T. et.al.,“Mutations in EFHC1 cause juvenile myoclonic epilepsy”Nature Genetics 36, 842-849 (2004).
注2)Bailey JN, et al. “EFHC1 variants in Juvenile Myoclonic Epilepsy: Reanalysis according to NHGRI and ACMG Guidelines for assigning disease causality”. Genet Med 19(2):144-156 (2017).

※国際共同研究グループ

理化学研究所 脳科学総合研究センター 神経遺伝研究チーム
チームリーダー 山川 和弘 (やまかわ かずひろ)
研究員 鈴木 俊光 (すずき としみつ)
研究員 宮本 浩行 (みやもと ひろゆき)

ベルギー国 リエージュ大学
教授 バーナード・レイケイ(Bernard Lakaye)

米国カリフォルニア大学 ロサンゼルス校
教授 アントニオ・デルガドエスクイタ(Antonio Delgado-Escueta)

福岡大学 医学部 小児科
教授 廣瀬 伸一 (ひろせ しんいち)

弘前大学 医学部 神経精神医学講座
名誉教授 兼子 直 (かねこ すなお)

タイトルとURLをコピーしました