急性骨髄性白血病の予後を予測する新規マーカーを発見~リスクに応じた適切な治療につながる可能性~

ad
ad

2020-10-02 京都大学

松尾英将 医学研究科助教、吉田健一 同助教(現・Wellcome Sanger Institute研究員)、小川誠司 同教授、足立壯一 同教授らの研究グループは、急性骨髄性白血病の予後を予測する新規マーカーを発見しました。

急性骨髄性白血病(AML)は、白血病細胞にみられる染色体異常の種類等に応じてリスク分類され、リスクに応じた治療が行われています。しかし、低~中間リスクとされた患者でも再発・死亡が相当数みられることから、患者の予後をより正確に予測できるマーカーの同定が必要とされています。

そこで今回、本研究グループは、日本小児がん研究グループ(JCCG)によるAML-05臨床試験に登録された小児AML患者の検体を用いて、次世代シークエンサーを用いた網羅的な遺伝子解析を行いました。さらに、海外のAML患者データセットを統合して解析し、MLLKMT2A)再構成という染色体異常を持つAML症例において、KRAS遺伝子変異を持つ症例は予後不良であることを明らかにしました。興味深いことに、KRAS遺伝子変異は、従来予後不良とされてきた染色体異常(MLL再構成)パターンを持つ症例で頻度が高く、高リスクの患者群・低~中間リスクの患者群のいずれにおいても予後不良と関連していました。

MLL再構成AML患者においてKRAS遺伝子変異の有無を調べることで、より正確なリスク分類が可能になり、リスクに応じた適切な治療の選択につながる可能性が考えられます。

本研究成果は、2020年9月30日に、国際学術誌「Blood Advances」に掲載されました。

図:MLL再構成AML患者における網羅的遺伝子解析結果(上)とKRAS遺伝子変異の頻度・予後への影響(下)

詳しい研究内容≫

タイトルとURLをコピーしました