統合失調症の新たな治療標的を発見~核内受容体PPARの活性化剤が役立つ可能性~

ad
ad

2020-12-02 理化学研究所,日本医療研究開発機

理化学研究所(理研)脳神経科学研究センターキャリア形成推進プログラムの前川素子上級研究員(同分子精神遺伝研究チーム研究員)、分子精神遺伝研究チームの和田唯奈大学院生リサーチ・アソシエイト、大西哲生副チームリーダー、吉川武男チームリーダーらの共同研究グループは、核内受容体[1]PPAR[2]が統合失調症[3]の新しい治療標的になり得る可能性を発見しました。

本研究成果は、統合失調症の新しい治療薬開発に向けた取り組みに貢献すると期待できます。

今回、研究グループは、統合失調症患者のDNAサンプルを用いた遺伝子解析を行い、PPARをコードするPPARA遺伝子に、機能不全を起こす可能性がある変異を同定しました。また、PPARA遺伝子破壊マウスを用いた解析から、PPARの機能不全が統合失調症に似た行動変化および組織学的変化を引き起こすことを明らかにしました。さらに、NMDA受容体[4]阻害薬であるフェンサイクリジン(PCP)[5]を用いて作製した薬理学的統合失調症モデルマウスを用いた解析から、脂質代謝異常症の治療薬として臨床で広く使用されているPPAR活性化剤(アゴニスト)の「フェノフィブラート[6]」が、統合失調症様表現型の改善に役立つ可能性を見いだしました。

タイトルとURLをコピーしました