1億年前のホタルの光を再現 ~現代によみがえらせた原初のホタルの光は深い緑色だった~

ad
ad

2020-12-03 中部大学,長浜バイオ大学,鹿児島大学,科学技術振興機構

ポイント
  • ホタルが地球上に現れた約1億年前(白亜紀)の発光の再現に成功。
  • 1億年前のホタルが持っていた発光酵素ルシフェラーゼを、計算科学と遺伝子工学により推定復元させた。
  • 復元したルシフェラーゼを発光物質ルシフェリンと反応させたところ、現在見られるゲンジボタルやヘイケボタルの黄緑色の発光とは異なる、深い緑色の発光が再現された。
  • 深い緑色の発光には、外敵に対する防御のための効果があったと考えられる。
  • 本成果は、失われた過去の光景の一部を現実によみがえらせた世界最初の報告である。

中部大学 応用生物学部の大場 裕一 教授と、長浜バイオ大学 バイオサイエンス学部の白井 剛 教授、鹿児島大学 大学院理工学研究科の加藤 太一郎 助教らは共同で、計算科学と分子生物学的手法を駆使し、世界で初めて白亜紀の最初のホタルの発光の再現に成功しました。

今回の成果は2020年12月3日(日本時間)、米国科学振興協会(AAAS)が発行する国際科学誌「Science Advances」電子版に掲載されます。

本研究は、日本学術振興会 科学研究費 JP17H01818(白井)、JP20H03002(大場)、日本医療研究開発機構(AMED) 創薬等先端技術支援基盤プラットフォーム JP19am0101111(白井)、JST 戦略的創造研究推進事業 チーム型研究(CREST) JPMJCR16N1(大場)の支援を受けて実施されました。

詳しい資料は≫

<論文タイトル>
“Resurrecting the ancient glow of the fireflies”
(古代のホタルの光を呼び戻す)
DOI:10.1126/sciadv.abc5705
<お問い合わせ先>

<研究に関すること>
大場 裕一(オオバ ユウイチ)
中部大学 応用生物学部 教授

白井 剛(シライ ツヨシ)
長浜バイオ大学 バイオサイエンス学部 教授

加藤 太一郎(カトウ ダイイチロウ)
鹿児島大学 大学院理工学研究科 助教

<JST事業に関すること>
嶋林 ゆう子(シマバヤシ ユウコ)
科学技術振興機構 戦略研究推進部 グリーンイノベーショングループ

<報道担当>
中部大学 学園広報部 広報課
長浜バイオ大学 アドミッション・オフィス 広報担当
鹿児島大学 広報センター
科学技術振興機構 広報課

タイトルとURLをコピーしました