幼児期の共感性を測定する~日本語版EmQue (Empathy Questionnaire) の開発~

ad
ad

2021-07-29 京都大学

高松礼奈 教育学研究科助教、楠見孝 同教授、Yung-Ting Tsou ライデン大学博士研究員、Carolien Rieffe 同教授の研究グループは、幼児期の共感性を測定する心理尺度Empathy Questionnaire(EmQue)の日本語版を開発しました。

EmQueは、子どもの共感性について、母親(もしくは子育てに関わっている大人)が評定する心理尺度です。心理学の理論をもとに、(1)情動伝染、(2)他者の情動への注意、(3)向社会的行動、といった共感性の3側面を測定します。

本研究成果は、2021年7月6日に、国際学術誌「International Journal of Behavioral Development」のオンライン版に掲載されました。

図:1~2歳頃から、自己と他者を切り離し、相手の感情を正しく理解した上で、自発的に向社会的行動を取るようになります(右図)。たとえば、自分は楽しくおもちゃで遊んでいても、泣いている他児に寄り添ってなぐさめるなど、相手を思いやった行動がみられます(左図)。

詳しい研究内容≫

研究者情報
研究者名:高松礼奈
研究者名:楠見孝

タイトルとURLをコピーしました