外来・交雑オオサンショウウオの寄生虫相を初めて調査して、在来種の寄生虫相との関係を解明

ad
ad

2021-09-13 京都大学

日本固有種であるオオサンショウウオAndrias japonicusは現在、京都など近畿地方を中心に外来のチュウゴクオオサンショウウオA. davidianusとの交雑の問題を抱えています。この外来種問題の影響を総合的に評価するに当たり、外来種が持ち込んだ可能性のある外来寄生虫の定着状況の調査も重要です。しかし、そもそもオオサンショウウオは特別天然記念物として保護されているため寄生虫の研究例は少なく、京都府のオオサンショウウオからは、約80年前に3種の寄生虫が報告されただけです。

このほど、西川完途 地球環境学堂准教授、土田華鈴 滋賀県立大学博士課程学生、浦部美佐子 同教授により、京都府の淀川水系から得られた交雑オオサンショウウオ(日本産オオサンショウウオ×チュウゴクオオサンショウウオ)、およびチュウゴクオオサンショウウオの寄生虫相が初めて調査され、その結果、1種の吸虫と3種の線虫の寄生が確認されました。

本研究は京都府におけるオオサンショウウオ類の最新の寄生虫相を解明して、在来オオサンショウウオ個体群の保全のために不可欠な情報を提供しました。

本研究成果は、2021年8月25日に、国際学術誌「Current Herpetology」に掲載されました。

図:(写真左)交雑オオサンショウウオ、(右)オオサンショウウオ吸虫Liolope copulans

詳しい研究内容≫

研究者情報
研究者名:西川完途

コメント

タイトルとURLをコピーしました