連続して生じる異常気象は樹木の衰退を加速させる

ad
ad
ad
ad
ad

地球温暖化の森林への影響を高精度に予測する道を開く成果

2021-09-28 京都大学

石田厚 生態学研究センター教授、河合清定 ポスドク研究員(研究当時)、中村友美 理学研究科修士課程学生(研究当時)、才木真太朗 森林総合研究所研究員、矢崎健一 同主任研究員らの研究グループは、世界自然遺産である小笠原諸島にて、種子の大量生産後、引き続いて起きた異常気象によって、樹木がどのように衰退・枯死していったのか、その生理過程を明らかにしました。

近年、地球温暖化等による気候変動のため熱波や山火事、干ばつといったさまざまな異常気象が頻発しています。こういった異常気象により、樹木の枯死や森林の衰退が世界各地で報告されています。今後地球温暖化の進行により、こういった異常気象はさらに頻発していくことが予測されています。一方、樹木は子孫を残すために種子繁殖をします。その際多くの樹木種で、何年かに一度、多くの個体が一斉に開花し大量の種子を生産するという現象が見られ、これをマスティングと呼びます。マスティングが起きる年(なり年)には、あまりに多くの種子を生産するため、樹木が弱ることもしばしば報告されています。今後の温暖化により、マスティングと異常気象が連続したり同時に起きてしまうといったタイミングも増えていくかも知れません。こういったイベントが連続して起きた場合、樹木はどのような影響を受けるのか未だ定かではありません。この研究では、種子繁殖によって樹木体内に貯蔵されていたでんぷん(糖)をより多く使ってしまった個体ほど、その後に起きた異常気象(大型台風や夏の干ばつ)後の回復が弱く、貯蔵でんぷんも貯められず、結局樹木は糖欠乏の負のスパイラルに陥って衰退し、時には枯死にまで至ってしまうことがあることが明らかになりました。

本研究成果は、2021年9月15日に、国際学術誌「Global Change Biology」のオンライン版に掲載されました。


図:種子生産の後、連続して生じた異常気象(大型台風と夏の乾燥)によって枯死してしまった小笠原固有樹種シマイスノキ

詳しい研究内容≫

研究者情報
研究者名:石田厚

タイトルとURLをコピーしました